ネイマールとジェズスがブラジル代表で魅了

写真拡大

ブラジルフットボール界の2大スター、ネイマールとガブリエル・ジェズスは、9月1日に行われたワールドカップ(W杯)ロシア大会 南米予選エクアドル対ブラジル戦のウォームアップで会場にいたファンをスキルで魅了した。

PSG所属のネイマールとマンチェスター・シティ所属のガブリエル・ジェズスは、ボールをグラウンドに着けずにピッチをほぼ丸々1周、様々なスキルを用いながらパス交換しながら回った。合計で2人は49回ボールに触れている。

試合は今夏FCバルセロナに移籍したパウリーニョの先制点と、移籍騒動に揺れたリバプールのコウチーニョの追加点で、ブラジルが2-0で快勝している。