PSGの次の標的である監督ジダン

写真拡大

レアル・マドリードの監督、ジネディーヌ・ジダンは次のパリ・サンジェルマン(PSG)の標的となっている。
ネイマールとキリアン・ムバッペを獲得した今、PSGは豪華なメンバーを率いて勝利をもたらす監督を欲している。そして、ジダンがその目標である。
『OK Diario』によると、このフランス人監督こそ、現監督のウナイ・エメリが再び欧州チャンピオンズリーグを獲得できなかった際の、PSG会長ナセル・アル・ケライフィによって人選された次の監督候補である。

ジダンの経験と2つのチャンピンズリーグのタイトル、そしてフランスフットボール界のレジェンドという肩書きが、エメリが失敗した際にパルク・デ・プランスに招集される大きな理由である。昨シーズン、スペイン人監督エメリはリーグタイトルをモナコに奪われ、チャンピンズリーグではFCバルセロナに劇的な逆転劇を決められ、伝説を作られた。
エメリは今、ジダンという脅威とも戦わなければならなく、簡単ではない。

『OK Diario』によると、ジダンはマドリードで満足しており、最近契約を更新した。今シーズンに問題が起きなければ、全く退団を想定していない。