犬の軟口蓋過長症

軟口蓋過長症とはあまり聞きなれない言葉ですね。軟口蓋とは犬の上あごの奥にのびている柔らかい部分、人間でいうとちょうど喉ちんこの部分にあたります。実際、犬には喉ちんこはありません。

しかし、この軟口蓋の部分が長くなると呼吸をするときに気道を塞いでしまいます。

このように犬の軟口蓋が正常に比べて長くなってしまう病気を軟口蓋過長症とよんでいます。

軟口蓋過長症の症状としては、以下のようなものがあげられます。

寝ている時のいびきがうるさい口を開けて呼吸をする運動後や興奮時には上記の症状がさらにひどくなる

症状がひどくなると、呼吸困難になったり体温調節ができずに熱中症になったり、さらには突然死に発展してしまうこともあるため、犬の軟口蓋過長症は見過ごすことのできない病気なのです。

犬の軟口蓋過長症の原因

犬の軟口蓋過長症の多くは先天性のものと言われています。

また、軟口蓋過長症は短頭種の犬に多くみられます。短頭種の犬は鼻がつぶれたような見た目ですが、他の犬種と比べて軟口蓋が厚く鼻腔が狭くなっているために、もともと呼吸がしにくい構造になっています。

さらに、運動後や興奮時には軟口蓋の周辺などが腫れやすくなるため、余計に呼吸がしにくくなります。

軟口蓋過長症になりやすい犬の種類としては、以下の犬種があげられます。

フレンチブルドッグパグシーズーボストンテリアチワワヨークシャーテリアキャバリア

上記の犬種以外でも軟口蓋過長症になる可能性はありますので、注意する必要があります。

また、後発性の軟口蓋過長症もありますが、これは何らかの原因で狭くなってしまった鼻腔によって呼吸するたびに軟口蓋が引っ張られ、軟口蓋過長症になってしまうというものです。

軟口蓋過長症は、先天性の場合が多いため、若齢からおこることが多いので、なりやすい犬種を飼われてる飼い主の方は小さな時から特に注意して観察した方がよいでしょう。

犬の軟口蓋過長症の治療法

夏の暑い時や運動後に起こる、急な呼吸困難の場合には、一時的な対症療法として、炎症を抑えたり酸素吸入を行ったりといった内科的治療を行います。

しかし、犬の軟口蓋過長症は薬や対症療法で根治することはできないため、呼吸困難を繰り返したり、症状が重い場合には外科的手術が必要となったりします。

犬の軟口蓋過長症の手術では、気管を塞いでしまう原因となる、軟口蓋の垂れさがった部分を切除します。

この手術は全身麻酔をかけて行うのですが、短頭種の犬種は麻酔のリスクが高いと言われているために手術をためらってしまう飼い主の方も多いようです。

しかし、人間と同じように犬も高齢になるにしたがって若い頃と比べ、麻酔のリスクはどんどん高くなっていきます。

そのため、飼っている犬が軟口蓋過長症と診断され手術を勧められた場合には、動物病院の先生と相談のうえなるべく早い時期に手術を行った方がよいでしょう。

犬の軟口蓋過長症の予防法

犬に発症する軟口蓋過長症はほとんどが先天性であるため、予防するのは難しいと言われています。しかし、あきらめることはありません。症状を悪化させない方法はあるのです。

では、症状を悪化させないために飼い主の方が実践できる予防法とはいったいどんなことなのでしょう。

肥満に注意

肥満になると軟口蓋が厚くなるため、犬は軟口蓋過長症になりやすくなります。

また、首回りに脂肪がついてしまうと気管や気道が狭くなり、呼吸がさらに困難な状態になってしまうのです。
そのため、適度な運動をとりいれて肥満を防ぐことが重要になってきます。

暑い時期の運動は避ける

運動が必要とはいっても、暑い夏の時期に運動をするのはおすすめできません。なぜかというと、運動後の呼吸の刺激で軟口蓋が腫れてしまい、よけいに呼吸がしにくくなってしまうからです。

運動をさせるなら暑い時間帯を避け、呼吸が速くならない程度の運動にとどめましょう。夏場はできるだけ涼しい部屋で過ごさせるのもいいですね。

また、興奮しすぎるのもよくありません。遊んであげる時も興奮しすぎないように見守ることが大切です。

このようなことに注意すれば、症状の悪化を予防することはできると言われています。

手術を受けるのは犬にとっても飼い主にとっても大きな負担となりますので、できることなら手術を受けなくてもいいようにしてあげたいものです。

病院で相談

健康状態のチェックのために動物病院で相談してみるのもおすすめです。

獣医さんなら手術が必要な程度なのかどうか、手術を避けるためにどのようなことをすればよいのか、手術が必要であればいつ頃が妥当なのか、などのアドバイスもしてくれます。

信頼できる動物病院を探すのも、毎日を快適に過ごすうえで必要になるでしょう。

まとめ

犬のいびきが病気につながっているということを知って、驚いている飼い主さんも多いことでしょう。

しかし、いまや犬の軟口蓋過長症は手術によって根治できる病気です。病気のサインを知ることで、不安を抱えず今後も愛犬との楽しい生活を送るための手助けになればと思います。


(獣医師監修:加藤桂子先生)