ボンジョルノ!TOGGYです。

最近は九州中を新幹線移動する機会が増えました。

博多から熊本まで最短32分。鹿児島までも最速76分で到着するので、以前は泊まりだった仕事も日帰りになってしまったのが嬉しいやら悲しいやら…。

今回は列車の旅に出かける際の、最新のお土産をご紹介!

その名も『新幹線ネジチョコ(600円)』

2015年5月からスタートし、JR西日本沿線に拠点を置くデザイナーが企画・開発した商品がラインナップされた『走る日本市』は、土産物を切り口に新幹線車内からものづくりの魅力を発信するプロジェクト。

新シリーズ第1回目の商品に選ばれたのは、衣食住をデザインする浅野藝術(福岡市中央区)のプロデュースによる、山口と福岡エリアのオリジナルアイテム5種類です。

走る日本市 山陽新幹線 車内販売商品のネットショップ

『ネジチョコ』は、福岡県北九州市の菓子店『グランダジュール』から販売されている商品。発売されて以来、爆発的に売れて、品切れ状態が続いたこともあります。

開発のきっかけは、官営八幡製鉄所の関連施設が世界遺産に登録されたこと。

官営八幡製鉄所を見学に行った『グランダジュール』の親会社『OAセンター』の吉武社長は、お土産の種類が少ないことが気になり「何か北九州らしいお土産ができないか」と考えたそうです。

「昔から製鉄所・鉄の街というイメージが強かったので、何か鉄をモチーフにしたお土産を創りたかった。試行錯誤を繰り返した結果、ボルトとナットにたどり着きました」と吉武さん。

3Dプリンターを使って型を作り、できるだけリアルに再現。やはりヒットの秘訣は精巧な見た目と、実際にくるくる回して締めらるよう細部までこだわったところでしょう。

オンラインでも購入できるので、僕もよく手土産に選びます。

GRAN DA ZUR

様々な年齢の方々に、楽しくて美味しいお土産として親しまれているこの『ネジチョコ』が、今回は新幹線柄のパッケージにスイートとココアのアソートセットを詰め込み新登場!

商品は山陽新幹線(新大阪〜博多)の車内やインターネットショップで販売されています。

明治日本の産業革命において重要な役割を果たした官営八幡製鉄所。『世界遺産のある街・北九州』のお土産として、皆さんもネジネジしてみてください!

因みに開発者の吉武社長は、僕TOGGYの幼稚園の後輩です(笑)

[文・構成 TOGGY]

福岡の茶人・DJ TOGGY(トギー)

波瀾万丈の人生経験・元ミュージシャンの感性・モテ声トークを武器に様々なメディアでLifeStyleを発信し続ける「イタリア系九州男児」福岡市内の山中にサロン・スタジオ・茶室を建築し専ら草むしりの日々。
<レギュラー番組>
LOVE FM
「TOGGYのSTART UP TODAY!」
J:COM
「「TOGGYの清く正しくテキトーチャンネル」
KBCラジオ
「「TOGGYの土曜の夜にナンモナイト?」