都内では頻繁に見かけるようになってきた赤いドコモのシェアサイクル

写真拡大

 シェアバイクと言えばなにかと中国の大ブームが話題だが、日本でも都心部に限定されるが徐々に参入する業者も増えてきている。

 代表格はこの分野の先駆者とも言えるNTTdocomoのスマートシェアリングだ。港区・中央区・千代田区・新宿区・文京区・江東区・大田区などと共同で行っているコミュニティサイクルを筆頭に、都内のセブンイレブンと提携して店先にポートを設置したり、各地のコミュニティサイクルにシステムを提供するなどして、ポート数もダントツの多さを誇っている。

 docomoに続いて、SoftBankもシェアバイク事業に参入している。2016年11月11日から同社がOpenStreetと提携してサービスを提供開始した「HELLO CYCLING」である。

 docomoとSoftBankの2大キャリアが参戦して広がりつつあるシェアバイク。その2者を比較してみた。

1:ポート数

 ポート数は先行者のdocomoが圧倒的に多い。東京都内6区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、江東区)だけでも2017年1月17日現在で215ポートある。

 当初、同社のサービスは各区内で完結し、相互乗り入れができなかったが、2016年に当初から参加していた千代田区・中央区・港区・江東区・新宿区の5区内での相互乗り入れが始まり、2017年1月に文京区がそこに加わり、区すべてのポートで貸出・返却することが可能になると利便性が飛躍的に向上。利用者数も伸び、今では都内であればdocomoの赤いシェアバイクを頻繁に見かけるほどポピュラーになった。

 一方、SoftBankの「HELLO CYCLING」は、順次拡大中だが今のところポートマップを見ながら計測してみると、その数は44。これから増えていくことを期待したい。

2:支払い方法

 両サービスともに基本的にはクレジットカード決済が前提。docomoバイクシェアは、ドコモケータイ払いでの支払いも可能なほか、1日パスについては、有人窓口で現金払いやSuicaなどのICカードでの決済も可能となっている。

 一方、「HELLO CYCLING」は現在、現金・銀行振り込み・ICカードによる電子決済は利用不可。ただし、今後はキャリア決済にも対応予定だという。

3:操作パネルの使い勝手

 docomoバイクシェアは基本的に小径の電動自転車。操作パネルは時折使用による劣化のせいかボタンが反応しにくいものもあるが、電光掲示板の部分はかなり見やすい。英語、中国語、韓国語にも対応している。

⇒【写真】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=150368

 「HELLO CYCLING」は液晶表示のせいか、日中パネルの文字が見づらいことがあった。バックライトがもう少し強ければいいのだが。

4:自転車の使い勝手

 docomoバイクシェアは小径の電動自転車。時折、ブレーキが弱い個体や、タイヤの空気が減っている個体もあり、このへんは安全のためにも改善して欲しいところ。また、利用者数が多いため、バッテリー残量がない自転車も多い。バッテリーについては係員の方が巡回して充電されたバッテリーと交換されているが、これは対応するのも結構大変そうだ。

 「HELLO CYCLING」では、「充電可能なポート」というのがポートマップから判別可能だ。自分で充電できるのは結構便利だろう。ただ、まだそのポート数が少ないのが難。自転車は各サービス提供会社によって違うようだが、基本的にはいわゆる「ママチャリ」と呼ばれる軽快車が一般的。

5:ポートの使い勝手

 docomoバイクシェアはポート数は多いが、時間帯により自転車の数に大きなばらつきが生じるのが痛いところ。例えば、オフィス街のポートは、就業時間以降、劇的に自転車の数が減ってしまい、逆に都心部からはずれたところのポートが自転車で溢れてしまい、まるで放置自転車が重なっているかのようにかなり散らかった印象になってしまう。近隣住民にとっては迷惑だろう。また、時折ポートにいるにも関わらずGPSの精度が悪いのか、返却可能にならず立ち往生することも。