芸人の今田耕司さんが、2017年9月2日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『土曜 あるある晩餐会』で、若いころに遭ったストーカー被害について明かしました。

「命の危険を感じた」と今田さんが振り返るほど、衝撃的なエピソードでした。

怖すぎる、数々のストーカーエピソード

この日の番組では盗撮やストーカー被害に遭った美女アスリートたちがゲスト出演。実際に受けた被害について打ち明けました。

番組MCの今田さんも「僕みたいな者でも(ストーカー被害体験)ありますから」と、自分のエピソードを話し始めます。

今田さんが自宅マンションのエレベーターに乗ろうとした時のこと。エレベーターの横にあった非常階段のドアが開き、出てきたのは女性ファン。「ファンです」と突然いわれ、驚愕したそうです。

ほかにも、自宅の前にある公園の草むらから女性が出てきたことも!

さらに、ポストに赤ちゃん用の靴下やおしゃぶりと一緒に手紙が入っていて、「神様(今田さん)の子どもをいただきたいです」という戦慄が走るようなメッセージが書かれていたとのこと。

しかし、今田さんにはこれ以上に驚いた出来事があったそうです。

今田さんがもっとも恐れおののいたストーカーとは?

ある日、ストーカー女性が自宅のチャイムを鳴らし、インターホンのカメラをジロジロと覗き込んでいました。

それだけでも十分恐ろしく、今田さんは自宅内でモニターを見ながら震えていたそうです。

しかし、ストーカー女性は今田さんがいないと判断したのか、カメラの前を離れて郵便受けをあさり出します。

その様子も今田さんは「郵便受けゴソゴソしてるな〜」と思いながらモニターから観察を続けていたそうです。すると女性は今田さんの気配を感じたのか、突然振り返り…。

1回ピンポンってきて、家のモニター(カメラ)あるじゃないですか? あれ、こうやって、ジロジロと見てきたんですよ。

(自宅内のモニター)画面で見てたんですけど、めっちゃ怖いんですよ。

ほんで、すぐ後ろ(モニターから見える位置)に僕の郵便受けがあるんですよ。そのまま、その女性は(カメラから離れ)、郵便受けを見てるんですよ。僕はそれをモニターで見てて、「向こうに行ったな。うわ、郵便受けゴソゴソしてるな〜」と思ってみてたら…。

僕が出たような音が聞こえた(今田さんの気配を感じ取ったの)かは知らないですけど、ガサガサってやっていたのが急にギョロと、カメラをバッと見て、んで、カメラの方に向かって走ってきたんですよ。

土曜 あるある晩餐会 ーより引用

しかし、ちょうどそのタイミングでモニターは時間切れとなり、暗転。逆にそれが今田さんの恐怖心をあおり、家の中で「キャ〜〜〜〜ッ!!」と、絶叫してしまったのだそうです。

今田さんは「めっちゃ怖かったですよ」と、振り返っていました。

視聴者の反応は?

思いっきりホラー話ですね。怖かったでしょうが、大きな被害がなくて何よりです。「ほんとにあった怖い話」に投稿できますね。やっぱり、芸能人は大変だな。逆にそれだけヘビーなストーカーが、どうやって手を引いてくれたのか気になる。

実際に自分がこんな被害に遭ったら…と、考えたら背筋が凍ります。とにかく今田さんが無事で何よりでした。

[文・構成/grape編集部]