学生の窓口編集部

写真拡大

大学生は将来について悩むことも多いのではないでしょうか?そんなとき、誰かに相談すると気分も楽になり、的確なアドバイスをもらえると安心することもあるでしょう。さまざまな悩みがありますが、なかでも将来について悩んだときは誰に相談することが多いのでしょうか? 将来のことで悩んだときは誰に相談するか、大学生のみなさんに聞いてみました。

■将来について悩んだ際によく相談をする相手を教えてください。

第1位「母親」127人(31.7%)
第2位「友達」97人(24.2%)
第3位「父親」40人(10.0%)
第4位「恋人」32人(8.0%)
第5位「兄弟」22人(5.5%)

一番多くの人が相談相手として選んでいたのが「母親」。次に友達、父親が続きました。ではどうしてその相手に相談するのでしょうか。詳しい理由を聞いてみました。

【精神年齢診断】 高い? 低い? あなたの内面をテストしてみよう

●第1位「母親」

・一番自分のことをわかってくれてるから(女性/19歳/短大・専門学校生)
・中高生時代を思い返すと、進路などの人生の節目で一番的確なアドバイスをくれたのが母ちゃんだから(男性/22歳/大学3年生)
・一番身近な存在だから(女性/22歳/大学4年生)
・なんでも話せるのは母(女性/20歳/大学3年生)

●第2位「友達」

・友達も同様に悩んでいて話が合うから(男性/21歳/大学4年生)
・親には本音をいえないときがあるが、友達には同じ境遇の人もいるので話しやすい(男性/22歳/大学4年生)
・共に悩みを相談し合って苦難を乗り越えたいから(男性/19歳/大学2年生)
・同じ立場になって考えてくれるから(女性/23歳/大学院生)

●第3位「父親」

・博学でたいていのことは知っていてわかりやすく説明してくれるから(女性/24歳/大学4年生)
・最も参考になるため(男性/23歳/大学院生)
・人生の身近な先輩として(男性/21歳/大学4年生)
・一番信頼できるから(男性/25歳/短大・専門学校生)

●第4位「恋人」

・今後ずっと一緒に生きていくかもしれない相手なので(男性/22歳/大学院生)
・結婚も考えており、将来のことについて相談すべきと思うから(女性/21歳/大学3年生)
・一番真剣に聞いてくれるから(男性/24歳/大学院生)
・一番自分のことを話せて理解してくれるから(女性/19歳/短大・専門学校生)

●第5位「兄弟」

・歳も近いし、一番いろいろなことを言いやすいから(女性/20歳/大学3年生)
・兄弟ならよくわかるから(男性/19歳/短大・専門学校生)
・姉の話が1番ためになるから(女性/22歳/大学4年生)
・同じ職につくから(女性/20歳/短大・専門学校生)

母親という回答が最も多かったです。子どもの頃から一番身近な存在がお母さんだったという人も多いでしょうね。

いかがでしたか? 1位は母親、2位は友達でした。男女問わず、人生経験が豊富でかつ、話しやすい母親は相談しやすいという声が多かったです。友達は同年代で同じ悩みを抱えていることもあり、家族に相談できないような悩みは一番身近な友達が相談しやすいのかもしれません。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年6月
調査人数:大学生男女401人(男性192人、女性209人)