「ホット」な選手も落選 スペイン紙が「CLスカッドに不在だった注目選手」を特集

写真拡大

戦力外扱いのコスタのほか、重傷のロイス、大補強の煽りを受けたベン・アルファが不在

 UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージを戦う各クラブのメンバーリストが、現地時間4日にUEFA公式サイトで発表された。

 マンチェスター・ユナイテッドが長期離脱中の元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを登録するサプライズがあった一方で、残念ながら落選となった注目選手をスペイン紙「マルカ」が特集している。

 同紙は「ロイスからコスタまで。CLスカッドリストに不在だった注目選手」と特集。筆頭は英メディアでも注目されたチェルシーのスペイン代表FWジエゴ・コスタで、噂されたアトレチコ・マドリードへの移籍が叶わなかったストライカーはアントニオ・コンテ監督の構想外となっている。

 日本代表MF香川真司とドルトムントで同僚のドイツ代表MFマルコ・ロイスは右膝後十字靭帯の部分断裂で、今年6月には手術を受けて戦線離脱中。全治8カ月とも言われ、シーズン中の復帰が間に合うかという状況なだけにメンバー入りは回避された。

 大型補強の煽りを受けた格好となっているのは、パリ・サンジェルマン(PSG)の元フランス代表FWハテム・ベン・アルファだ。王者奪還を目指すPSGはブラジル代表FWネイマール、フランス代表FWキリアン・ムバッペを獲得して攻撃陣を補強し、ベン・アルファはウナイ・エメリ監督の構想外に。現在はリザーブチームでトレーニングしているという。

プレミアでホットな選手もメンバー外が続出

 イタリア王者ユベントスではイタリア代表DFマッティア・デ・シリオ、ドイツ代表DFベネディクト・ヘーヴェデスという新戦力の加入を受けて、スイス代表DFステファン・リヒトシュタイナーが落選。6月の代表戦で右膝十字靭帯断裂の重傷を負ったクロアチア代表MFマルコ・プヤカも外れた。

 リバプールではイングランド代表DFナサニエル・クライン、セルビア代表MFラザル・マルコビッチ、FWダニー・イングスが、トットナムではオランダ代表FWフィンセント・ヤンセン、アルゼンチン代表MFエリック・ラメラという選手たちがメンバーから外れ、「プレミアリーグでホットな選手たちも、欧州のメジャートーナメントの第1段階(グループステージ)には出場できない」と紹介された。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images