中国国家主席、首脳会談でインド首相に両国関係改善を呼び掛け

写真拡大

[アモイ(中国) 5日 ロイター] - 中国の習近平国家主席は、新興5カ国(BRICS)首脳会議が開かれている福建省アモイでインドのモディ首相と会談し、中印関係を「正しい軌道」に乗せるよう呼び掛けた。

ドクラム地方で対峙していた両国軍が1週間前に撤収した後、両首脳が会うのは初めて。

習主席はモディ首相に対し、健全で安定的な2国間関係が両国の利益にかなっていると指摘。「政治的信頼を高め、双方に利益となる協力促進と正しい道筋による両国関係の一段の発展に向け、中国はインドと協力する意向だ」と述べた。

インド外務省高官によると、1時間ほどの会談は「建設的だった」と述べた。

ドクラムでの対峙問題についてどう協議したのかとの問いに対して同高官は「起こった事態については双方とも認識しており、後ろ向きではなく前向きの対話だった」と述べた。

*内容を追加しました。