マンチェスター・ユナイテッドが狙うFWガレス・ベイル【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、レアル・マドリー所属のウェールズ代表FWガレス・ベイルの来夏の獲得を目指しているようだ。英紙『ザ・サン』が報じた。

 今夏ベイルの獲得が噂されたマンチェスター・ユナイテッドだが、同選手がユナイテッドとのUEFAスーパーカップで先発出場した際、モウリーニョ監督が「ベイルの件は終わった。誰もが分かるように彼は残りたがっている」と発言したのと同時に、今夏での獲得を断念していた。

 しかし同紙は、モウリーニョ監督は、来夏こそはこのウェールズ代表FWの獲得に本腰を入れると伝えている。ベイルは2013年にマドリーに加入し、1年目は22ゴール19アシストの大活躍を果たすも、その後怪我の影響もありなかなか出場機会を確保することができなかった。さらに、現在は若手のMFイスコやMFマルコ・アセンシオにスタメンの座を脅かされており、それが同選手の退団を促す主な要因と考えられている。

 1億ユーロ(約130億円)ほどの金額が動くと言われているベイルの移籍だが、どうやらそれが実現するかどうかは自身の今季のマドリーでの活躍にかかっているようだ。

text by 編集部