ハリルJと「世代交代」 日本代表歴代W杯メンバーに見る最適なバランスとは

写真拡大

過去5大会のメンバー構成から分析 年齢バランスに優れた10年南アフリカW杯

 ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループBの首位通過を確定させた日本代表にとって、9月5日の敵地サウジアラビア戦は消化試合である。

 ならば、バヒド・ハリルホジッチ監督のチームにとって、この試合はどのような意味を持つのか――。

 世代交代が本格化するのかが問われる一戦、と言っていいだろう。

 過去5回のW杯に出場した日本のメンバー構成を見ると、三つの五輪世代が中心となることが多い。以下で記した通り、2006年ドイツW杯のメンバーが、1996年アトランタ、2000年シドニー、04年アテネの各五輪のピッチに立った選手で構成されたように、である。三つの世代が折り重なることで、年齢バランスが整っていく。

【過去5大会のW杯登録メンバー・五輪世代別人数】

■1998年フランスW杯
・1968年生まれ以前:4人
・バルセロナ(69〜72年生まれ):8人
・アトランタ(73〜76年生まれ):8人
・シドニー(77〜80年生まれ):2人

■2002年日韓W杯
・1968年生まれ以前:1人
・バルセロナ(69〜72年生まれ):2人
・アトランタ(73〜76年生まれ):7人
・シドニー(77〜80年生まれ):13人

■2006年ドイツW杯
・アトランタ(73〜76年生まれ):4人
・シドニー(77〜80年生まれ):17人
・アテネ(81〜84年生まれ):2人

■2010年南アフリカW杯
・アトランタ(73〜76年生まれ):2人
・シドニー(77〜80年生まれ):6人
・アテネ(81〜84年生まれ):10人
・北京(85〜88年生まれ):5人

■2014年ブラジルW杯
・シドニー(77〜80年生まれ):1人
・アテネ(81〜84年生まれ):4人
・北京(85〜88年生まれ):9人
・ロンドン(89〜92年生まれ):9人

※登録選手数は98年大会が22人、02年大会以降は23人

 なかでも興味深いのは、ベスト16に進出した10年南アフリカW杯だ。

 FW本田圭佑、DF長友佑都、FW岡崎慎司ら08年の北京五輪に出場したメンバーがチーム力を押し上げたが、コアメンバーとなったのはアテネ世代だった。GK川島永嗣、DF田中マルクス闘莉王、MF阿部勇樹、MF長谷部誠、MF松井大輔、FW大久保嘉人らである。若手としての北京世代、中堅としてのアテネ世代にアトランタ世代のGK川口能活、シドニー世代のDF中澤佑二とMF遠藤保仁らが加わったチームは、年齢バランスだけでなく、チームの経験値という意味でも申し分のないものだった。

求められる“コア層”ロンドン世代の奮起

 だとすれば、ロシアW杯のチームに求められるのは、ロンドン世代のさらなる台頭である。

 過日のオーストラリア戦ではDF昌子源、DF酒井宏樹、MF山口蛍、FW大迫勇也がスタメンに名を連ねたが、ロンドン五輪を目ざすチームでは年下ゆえに存在感を発揮できなかったり、メンバー入りしたもののA代表でスタメン定着に至っていない選手たち──FW原口元気、DF酒井高徳、MF柴崎岳、MF小林祐希、FW杉本健勇らが、ハリルホジッチ監督の構想でより高い優先順位となっていくことが求められる。

 そのうえで、リオデジャネイロ世代(93〜96年生まれ)がさらに食い込んでくれば、チーム内競争は活発となる。オーストラリア戦で決定的な仕事をしたFW浅野拓磨とMF井手口陽介だけでなく、DF植田直通やFW久保裕也、さらにリオ五輪でキャプテンを務めたMF遠藤航やMF大島僚太といったタレントがロシアW杯のメンバー争いに加わっていくことで、ハリルホジッチ監督のチームは新たな局面を迎えるはずだ。

 本田や岡崎の巻き返しに注目が集まるサウジアラビア戦は、ロンドン世代とリオ世代にとっても重要な意味を持つ。北京以降の世代の台頭こそが、ロシアW杯での躍進の可能性を拡げるのだ。

【了】

戸塚 啓●文 text by Kei Totsuka

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images