8月末に日本で放送された、中学生が学校の屋上で愛の告白をするテレビ番組の動画が中国のメディアやSNS上で注目を集めており、中国のネットユーザーから大きな反響が出ている。資料写真。

写真拡大

2017年9月5日、中学生が学校の屋上で愛の告白をするテレビ番組の動画が、日本で放送された8月末以降、中国のメディアやSNS上で注目を集めており、中国のネットユーザーから大きな反響が出ている。

注目を集めているのは、8月30日放送の「V6の愛なんだ2017 史上最高の夏まつり!」の一コーナー「愛なんだの日 真夏の大告白大会」。中学校の校舎前に生徒を集め、生徒が校舎の屋上に立って愛の告白をするというもので、数人の生徒が自分の秘めたる思いを大声で打ち明けるたびに大きな歓声が起こった。告白を受けて照れたり喜んだり、断られて落ち込んだりする生徒たちの表情が印象的だ。

中国メディア・観察者網は2日、このコーナーの内容を紹介するなかで「勇気こそ青春にふさわしい風景だ」「貴重な青春の歳月のなかで、このような経験ができる場があるのは本当に素晴らしいこと」などと評している。

中国の動画サイト・梨視頻は2日に中国版ツイッター・微博上でこの動画を紹介。4万人を超えるユーザーがリツイートを行い、1万7000件以上のコメントを残していることから、その注目の高さがうかがえる。ユーザーからは「とても感動した」「美しい青春だ」「純粋だったあの頃がとても懐かしい」「たとえ断られても『ありがとう』と言うのが素晴らしい」「こういう風にちゃんと勇気をもって愛を伝えるのがベストだと思う」「自分も恋愛したくなった」といったコメントが寄せられ、大きな反響があった。

また、わが身を振り返り「小学校から大学まで、好きだった女の子に告白する勇気が持てなかった」「あのころの自分にこれだけの勇気があれば…、きっと今の自分は独り身じゃなかったはず」と感慨にふけるユーザーも。

中国では中高生の恋愛は「早恋」としてタブー扱いされ、見つかれば学校や両親から激しい叱責を受けることもある。そのため、「中国では家に帰ったら親にひっぱたかれるだろうな」「中国でこれやったら親に死ぬほどたたかれる」といったの感想も見られた。(翻訳・編集/川尻)