バイクで行くキャンプって、車よりも身軽ですがその分荷物は積めませんが、キャンツーはバイクの大きな魅力の一つ!

そこで今回は125のオフ車で林道キャンツーに出かけてみました。

登場するのはこのバイク!

MotoBeでも登場している3万円で買った僕のRA125。買った時は汚いバイクでしたが、お金をかけずに綺麗にしてバイクライフを楽しんでいます。

もう一台はMotoBeレーシングチームのメンバー「ベンリィ」が5万円で購入し、自分で組み直したKDX125SR。

壊れて直して…の繰り返しらしいですが、今回は「楽しそうだから」ということでついてきてくれました。

林道ツーリングに行く場合、普通なら故障のことも考えて車に積んでいく場合がありますが、もちろんそんなブルジョア的考えは一切なし!

しかも、250なら高速も乗れますが、今回は125ccが2台なので下道自走で林道までやって来ました。

今回はキャンツーも兼ねているのでテント、寝袋、エアマットは必需品。これくらいなら一個のリュックに入ります。テントを広げて荷物を入れてしまえばもう林道を走る準備は完了。

僕はキャンプ大好きでバイクキャンプはよくやりますが、ベンリィは今回が初キャンプ…。アマゾンで装備を揃えたようですが荷物の差が強烈です(笑

ベンリィのテントは小さく、人一人寝るだけのスペースしかなので荷物がほぼ入りません笑。おまけに寝袋は真冬用でエアマットはペラペラ…。

さらに、荷物が多すぎてリュックに入らず、結局サイドバックに入れてきました。

キャンプ用品って一回買ってしまえばどんなに悪いものでも大体2〜3年は使えます。高ければいいってもんでもありません。

バイクの場合積載が限られているので折りたたんだ時に省スペースのものを選びましょう。理想は大きめのリュック一個に収まる程度です。

荷物と寝床を確保したら冒険開始!キャンツーの場合、荷物が通してもかさむので置いてから走るのがオススメ。暗くなってからだとテントも張れないし、何をするにも動きにくくなってしまいます。

次回は林道ツーの魅力を紹介します!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン)

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

週末の冒険・キャンツーに行くにはどんな装備が必要? 林道へアドベンチャーキャンツーしてみた(http://clicccar.com/2017/09/05/502144/)