中指疑惑のデレ・アリ…解説者たちは温かい目「成長していく過程」

写真拡大

 4日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選でイングランド代表は2-1でスロヴァキア代表に勝利した。この試合中にイングランド代表MFデレ・アリが審判に対して中指を立てるジェスチャーをしていたのではないかという疑惑が持ち上がり、試合を中継していたイギリス・メディア『ITV』に出演していた解説者たちが見解を述べている。同日付のイギリス紙『デイリー・メール』が報じている。

 問題のシーンが訪れたのは76分のこと。国際映像には、アリがスロヴァキア代表DFマルティン・シュクルテルのプレーでファールを取らなかったクレメン・トゥルピン主審に向けて中指を立てた場面がはっきりと映し出されていた。しかしアリは試合後にツイッター上で「あのジェスチャーは(主審の真後ろにいた)親友のカイル・ウォーカーとの間でのジョークだったんだ! 気分を悪くした方々に謝るよ!」と弁明し、謝罪を行っている。

 『ITV』の中継でこの件に話題が及ぶと、元イングランド代表FWのイアン・ライト氏は「今頃彼は『ああ、俺はなんてことをしてしまったんだ』と思っているだろうね。こういう行為は得てして高くつくものだから、誰かが彼に話をする必要がある」とコメント。

 元イングランド代表DFリー・ディクソン氏も「これも彼が成長していくための過程だ」と批判を避け、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏は「こういった『悪童』な部分も彼の大きな魅力の一部だ」とアリを擁護している。

 解説陣からは温かい目で見守られているアリだが、仮にFIFAがこのジェスチャーを審判への侮辱行為と判断した場合、代表の公式戦で数試合の出場停止処分に課される可能性がある。

(記事/Footmedia)