画像提供:マイナビニュース

写真拡大

JR西日本は5日、大阪環状線で活躍したオレンジ色の103系の引退を記念し、記念動画103系引退スペシャルムービー「LOOP 大阪環状線」を公開すると発表した。大阪環状線では通勤形電車103系・201系から新型車両323系への置換えが進み、オレンジ色の103系は1編成が残るのみに。この1編成の営業運転終了予定日が10月3日と発表された。

大阪環状線・JRゆめ咲線(桜島線)では、昨年12月に新型車両323系がデビュー。置換え対象となった通勤形電車103系・201系のうち、オレンジ色の103系の引退が決まった。大阪環状線に103系が初登場したのは1969(昭和44)年12月10日。「それから48年、17,464日に亘って大阪の人々を乗せ走り続けた103系の総走行距離は実に『約9億5000万km』にも及びました」「総走行距離は地球から木星に届くほどにもなりました」とのこと。

オレンジ色の103系の引退に先立ち、9月5日に公開された103系引退スペシャルムービー「LOOP 大阪環状線」は、103系から見た前面展望の映像と103系の歴史写真を組み合わせ、大阪環状線の"顔"として活躍した103系の日常を描き出す内容となっている。

BGMには「卒業」をテーマとしたチャットモンチーの楽曲「サラバ青春」を採用。大阪環状線19駅それぞれの風景をつなぎ合わせ、早朝から夜間まで、雨の日も晴れの日も毎日走り続けた電車と沿線の姿を映し出す。曲の終わりに合わせて大阪環状線を1周し終える構成となっており、最後は運行開始当初の写真などで大阪環状線103系の歴史を振り返り、「人が変わっても、時代が変わっても、そして電車が変わっても。大阪の毎日を、変わらず回り続けていく」とのメッセージで締めくくられる。

103系引退スペシャルムービー「LOOP 大阪環状線」はYouTubeなどで見ることができる。なお、大阪環状線で運行されるオレンジ色の201系(2005年以降に大阪環状線へ投入)については、来年度をめどに323系へ置き換える予定とされている。