カメルーン、W杯本戦出場ならず…2006年以来、3大会ぶりの予選敗退

写真拡大

 4日に2018 FIFAワールドカップロシア・アフリカ最終予選が行われ、カメルーン代表がナイジェリア代表と引き分けた。この結果、カメルーンのW杯出場が消滅。2006年以来、3大会ぶりの予選敗退となった。

 グループBの3位に位置しているカメルーンは、本戦出場に向けて勝つしかない状況に追い込まれた。しかし、ホームで首位のナイジェリアに1−1と引き分け。グループの首位のみ本戦出場を決めるアフリカ予選で、残り2試合を残してナイジェリアと勝ち点7差がつき、予選敗退が決定した。

 カメルーンは今年行われたアフリカネーションズカップで優勝し、FIFAコンフェデレーションズカップにも参加していた強豪国。しかし、力を発揮することができず、現アフリカ王者が予選で姿を消すこととなった。