ビジネスからプライベートまで、手軽に使えるコンパクトサイズ

写真拡大

キヤノンマーケティングジャパンは、小型・軽量のミニプロジェクター「M-i1」を2017年9月7日に発売する。

Wi-Fi接続でワイヤレスで映像投写も

105(幅)×105(奥行)×22(高さ)ミリ、重さ約235グラムで、持ち運びに便利な手のひらサイズ。

本体上部のタッチパッドによる操作で内蔵メモリーやUSBメモリーからデータを呼び出し、パソコン(PC)などのデバイスと接続せず本機のみで映像投写が可能。外出先でのプレゼンテーションやオープンスペースでの会議、工事現場などのビジネスシーンに加え、アウトドアや自宅などのプライベートでも手軽に利用できるという。

またWi-Fi接続に対応し、スマートフォン/タブレット、PCからワイヤレスで映像投写できる。Android OSを搭載し、本機にインストールした各種アプリケーションを利用可能だ。

輝度は70ルーメン(センター)で、約1万時間の長寿命LED光源を採用。バッテリー内蔵で最長2時間駆動でき、USB充電にも対応する。

価格はオープン。