ウィリアム英王子とキャサリン妃、第3子誕生予定 ひどいつわりのため早く公表

写真拡大

英王室は4日、ケンブリッジ公爵夫妻ウィリアム王子とキャサリン妃(35)の第3子が誕生予定だと発表した。妃は今回も、ひどいつわりに苦しんでおり、同日の公務出席を中止した。

夫妻の公邸で公務などを管理するケンジントン宮殿は、エリザベス女王をはじめ、王子と妃の家族全員が「大喜びしている」と明らかにした。

発表によると、キャサリン妃はこれまでの2回の妊娠と同様、ひどいつわりの「妊娠悪阻」に苦しんでおり、ケンジントン宮殿で静養中。4日午後に予定されていた、ロンドンのホーンジーロード子供センター訪問を取りやめた。

夫妻には、4歳のジョージ王子と2歳のシャーロット王女がいる。

これまで2回の妊娠では、大半の女性が最初の超音波検査を受ける妊娠12週の前に、夫妻は妊娠を発表していた。妊娠悪阻でキャサリン妃が体調を崩していたのが理由で、ジョージ王子を妊娠した際には2012年12月に入院した後、妊娠わずか数週目で公表していた。

シャーロット王女の際は2014年9月に、同じ症状のため宮殿で治療を受けたときに発表した。

妊娠悪阻は妊婦の200人に1人がかかり、ひどい吐き気や嘔吐などの症状が出る。主に脱水症状などの危険がある。

BBCのニコラス・ウィッチェル英王室担当編集委員は、今回の発表はケンブリッジ公爵一家にとって「大事な週」の始まりに重なったと指摘。「なぜならジョージ王子が小学校に通い始める」からだ。

ウィッチェル記者は「おそらく母親のキャサリン妃が、小学校の送り迎えをするつもりだったが、そこまで体調が回復するかは様子を見なければならないだろう」と話した。

「ウィリアム王子とキャサリン妃は今秋、外遊も予定していたが、それも公爵夫人の体調次第だ」

生まれてくる子供は、エリザベス女王の6人目のひ孫となり、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ジョージ王子、シャーロット王女に続き、王位継承順位5位となる。

英国では2015年3月、女性にも男性と同様に王位継承権が認められるよう、法律が改正された。

公務でマンチェスターを訪れていたハリー王子の継承権は、兄の子供が新しく生まれた時点で6位に下がる。ハリー王子は知らせについて、「素晴らしい」、「とてもとてもうれしい」と喜んだ。

チャールズ皇太子夫妻の公邸で公務を管理するクラレンスハウスは、チャールズ皇太子とカミラ夫人が「大喜びしている」とツイートした。

テリーザ・メイ首相はツイッターで「素晴らしい知らせです」と夫妻を祝福した。

<解説>王室の未来の形を――ピーター・ハントBBC英王室担当編集委員

ウィリアム王子とキャサリン妃は、自分たちを取り巻く状況を自分たちでコントロールすることを非常に重視している夫妻だが、またしてもそうは思い通りにはいかなかった。

今回もまた、自分たちではどうしようもない状況によって。

夫妻は今回も望むより早い段階、妊娠初期の段階で、妊娠を発表するしかなかった。公爵夫人が非常に重いつわりで苦しんでいるからだ。

夫妻は公務をもっと引き受けるつもりだったが、今では新しい家族を歓迎する準備に取り掛かっている。

夫妻の子供がまた一人増えれば、世界的に注目される。生まれてくる子供の祖母は、亡きダイアナ元妃だ。

この王女または王子が王位に就く見込みは、ほとんどない。現状では、王になるという未来は兄、ジョージ王子のものだ。

つまり来年に予定される誕生に、憲政上の意味合いはない。しかし、すでにかなり確かなものに見える古くからの王家は、国の制度として一層強化された形だ。

ケンブリッジ公爵家の子供3人は、21世紀の後半に至るまで英王室の未来を形作っていくことになる。

第3子が王位についたことは

第3子が王位に就くのは珍しく、現在のウィンザー朝ではまだ例がない。

しかしハノーバー朝時代、ジョージ3世とシャーロット王妃の第3子が1830年から1837年にかけて、ウィリアム4世として国を治めた。

これは兄のジョージ4世が世継ぎのないまま亡くなったためで、ウィリアム4世は64歳で即位。62歳の時に、2番目の兄のヨーク公フレデリック王子が死去し、その時点で王位継承権1位となっていた。

(英語記事 Royal baby: Duchess of Cambridge expecting third child