「韓国代表から笑顔が消えた」 W杯出場をかけた敵地決戦、ピッチ状態に懸念の声も

写真拡大

緊迫した様子を伝える韓国メディア 敵地決戦に指揮官「何が起こるか分からない」

 韓国代表が9大会連続のワールドカップ(W杯)出場をかけて、いよいよ大一番に挑む。

 5日に敵地タシケントで行われるロシアW杯アジア最終予選の最終節ウズベキスタン戦、グループAで2位の韓国は、この一戦に勝利すれば自力でのW杯出場が決まる。だが、勝ち点2差の3位シリアと4位ウズベキスタンにも2位浮上の可能性が残っており、韓国が引き分け以下に終わった場合、プレーオフに回る3位、あるいはW杯出場権を逃す4位に転落する恐れがある。

 韓国メディアも緊迫した一戦を前に、「運命のウズベキスタン戦」と大きく報じている。

「内容よりも結果が重要な一戦」との見出しをつけたのは、サッカー専門サイト「インターフットボール」だ。同サイトは「無条件で結果が重要な一戦だ。どのように勝つのかというよりも、勝つことだけに集中しなければならない」と伝えた。

 シン・テヨン監督も「アウェーなので何が起こるか分からない。自分たちが求めるプレーができればいいが、結果的にそれができないこともある。とにかく負けないサッカーをする。無条件で勝つことだけに焦点を置いている。プレーオフは考えていない」と必勝を誓っていた。

 サッカー専門誌「フォー・フォー・トゥー・コリア」は、「ロシアに行くなら26人みんなを信じろ」との見出しで、選手の起用法にも気を配るべきと主張。同誌は「負けないためのベストイレブンにするには、多くのオプションを持っておくべき。特定の選手を限定して起用すれば、視野が狭まる。一方で最大限に多くの選手を信じて使うのであれば、多くのカードを手にすることができる。今、シン監督に必要なのは、自分が選んだ26人の能力を最大限に生かせるようにすることだ」と伝えた。

韓国代表OB「ミスしない限り勝てるが…」

 さらに同誌は、「日本代表の場合、本田圭佑、香川真司など主力を先発から外したにもかかわらず、オーストラリアを下してW杯に出場した。ハリルホジッチ監督の柔軟な思考がロシアへの切符をつかんだ」と日本の選手起用についても取り上げ、韓国も新たな選手の発掘が必要との見解を示している。

 また韓国のスポーツ・芸能総合サイト「ジョイニュース24」によれば、「韓国代表からは完全に笑顔が消えていた」という。それだけ現地には、張り詰めた空気が漂っている。

 この一戦でさらに心配されているのはスタジアムのピッチ状態だ。韓国放送局「JTBC」解説委員を務める元韓国代表のイ・チョンス氏は、「ミスしない限り、勝てると見ている。しかしスタジアムの芝が国内とはまったく違うので、試合が終盤になるにつれて筋肉疲労と体力の消耗が予想される」と語っている。

 果たして韓国は、ウズベキスタンを下してW杯出場を決められるのか。韓国中がこの一戦に注目している。

【了】

金 明碰●文 text by Myung-wook Kim

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images