ボクシングの元3階級王者・長谷川穂積氏(36)が、理学療法士や看護師などの保健・医療従事者を育成する東京医療学院大(東京・多摩市)の特任講師に就任することになった。

 長谷川氏は昨年9月に行われたWBC世界スーパーバンタム級タイトル戦で、王者ウーゴ・ルイスを倒し国内ジム所属5人目の3階級王者となった。35歳9カ月での世界王座獲得は史上最年長記録の快挙だったが、12月に現役王者のまま引退を表明していた。10月1日からの就任となり、特別講演などを受け持つ。