歯の裏となると自分では気付きづらいもの……でも放っておくと歯石はどんどん大きくなっていくのです。

写真拡大

最近では、歯や歯ぐきの健康維持のため、定期的に「歯石取り」に行く人が増えています。でも毎日しっかり磨いていても自然に付いてくる歯石を不思議に思ったことはありませんか? ここではそんな歯石について説明します。

そもそも歯石ってなに?


歯石の成分は、大きく分けて約70〜85%がリン酸カルシウムを主体とした無機物。約7〜15%のほとんどが微生物の残渣の有機物、約8〜15%の水で出来ています。

歯石ができるためには、まず歯の表面に元になる足場が必要になります。実はこの足場になるのが歯垢(プラーク)。プラークが唾液などによって石灰化を繰り返して、成長したものが歯石になるのです。

たとえば口の中に細菌が全くいないように育てられた実験用の動物などでは、歯石はほとんど見られません。実際に人間でもプラークコントロールがしっかり行なわれていれば、石灰化が始まる前に、プラーク自体がなくなるため、歯石ができにくい状態になると考えられます。

歯石の性質によって異なる固さ


比較的歯ぐきの状態が安定していて、定期検診に行っている人でも、超音波の振動する器具やカリカリ削り取る器具で歯石を除去されると、「歯石ってなんて固いんだろう」と感じませんか?

でもこのとき発見される歯石のほとんどは、歯ぐきの少し上に見える白〜濃黄色の歯石。これは歯ぐきの上に出来る「縁上歯石」といいます。実はこれはまだ柔らかい歯石なのです。

本当に取るのが大変な歯石は、歯の周囲のポケットと言われる、歯ぐきの内部の根の表面に出来る「縁下歯石」。色は歯ぐきの中の血液成分の影響で黒っぽく、歯にガッチリ付いているため剥がれにくく、しかも固いという特徴があります。

この歯石は、比較的歯周病が進行した場合に多く見らます。歯ぐきの内部にあるので、炎症を起こしやすく膿や腫れの原因になります。器具を使ってもそれほど簡単には取れないことも多く、麻酔をしたり、歯ぐきの切開をしてから取ることもあります。

歯科医もビックリ!? 巨大歯石の大きさ


歯石が成長しやすいのは、下の前歯の裏、上の奥歯の外側などです。これは唾液が出てくる穴があるため、常に唾液のリン酸カルシウムが吹き付けられているようなものだからです。

プラークが歯石になっても、初期の段階であればブラッシングで落とせるかもしれません。しかしある程度大きくなってしまうと、自分では取ることができません。病院で機械的に取ってもらうしかありません。

歯石の成長をそのまま自然に任せるとどうなるでしょうか? 体質にもよりますが、歯石はどんどん大きくなります。実際に私が診察した中で最大のものは、下の前歯の裏に出来た巨大歯石で、歯冠の大きさに比べておよそ16倍以上(容積比)もある巨大なものでした。

1本に最大で縦25mm×横15mm×高さ25mm、まるで角砂糖のような歯石の固まりが、同じような状態で3本残っていましたが、歯周病が非常に進行していたため、結局全て抜歯しました。おそらく20年以上は成長していたのではないでしょうか……。

もちろん歯石の成長には個人差がありますが、歯石の予防は歯周病の予防に繋がります。そのため、その日のプラークは次の日には残さない。定期検診と一緒に「歯石取り」で、小さいうちに取り除いてしまうことをオススメします。
(文:丸山 和弘)