圧倒的な技巧を誇る、10番らしい10番だ。来季、渡井は徳島の地でプロキャリアをスタートさせる。写真:石倉愛子

写真拡大 (全3枚)

 静岡学園の伝統のナンバー10を背負ったMF渡井理己が、進路に選んだのはJ2の徳島ヴォルティスだった。
 
「雰囲気もそうだし、やっているスタイルが自分に合っているなと思って決めました。J2のチームはまず蹴って、前でスピードを活かすサッカーが多いと思うんです。でも徳島は繋ぎの部分にこだわっている。中盤の4枚で崩すという意図がすごくあって、そこに自分が入ることができれば、持ち味を活かしたり、楽しんでプレーできるんじゃないかと思います」
 
 技巧派集団の静学において、ナンバー10は特別な意味を持つ。技術レベルが一番なのはもちろん、相手との駆け引きも一番上手く、試合を動かす力を持っていなければいけない。
 
 これまで谷澤達也(現・FC町田ゼルビア)、狩野健太、大島僚太(ともに現・川崎フロンターレ)らが引き継いできただけに、渡井自身もその重みを理解している。
 
「こだわりは持っていないといけないし、特徴を一番出さないといけない番号。だからこそ、結果も出さないといけない」
 
 そのひとつの結果が、プロ入りだった。
 
「チームの中で自分が一番ボールを奪われない選手にならないといけないと思っています。いかに自分がチャンスを作って、かつゴールを決めるか。この年代で結果を出さないといけない」
 
 いま、彼がこだわっているのが、「プレーの連続性」だ。ボールを持ったときの技術がずば抜けているのは間違いないが、スルーパスや縦パスを打ち込んだ後のプレーに課題を感じているという。それは徳島の練習に参加して、あらためて痛感した部分でもあった。
 
「攻撃面での最後の関わりが自分の中でも足りないと思っていて、特にスルーパスを出した後に止まってしまう。スルーパスを出した後にゴール前に入っていく動きだったり、最後に自分が抜けてシュートを撃つ形をもっと作っていきたい。実際に徳島の練習に参加してたくさん学んだ。ボールを失わないような判断の質をもっと磨くのはもちろんですが、一緒にやってて、周りの選手のゴールへのこだわりの強さがヒシヒシと伝わってきた。特に杉本太郎選手は決定機が作れる選手で、点も取れる。僕にとって目標になる選手だと思います」

 プロ入りを決断した。高校生活においてなすべきは、プリンスリーグ東海と選手権、その両大会で静学の10番として結果を残すのみ。とりわけ選手権はまだ一度も出場したことがない、渡井にとっての悲願だ。
 
「選手権出場も、僕が果たさなければならない目標のひとつ。これからはプロ入りする選手として周りから厳しい目が向けられると思うので、いままで以上にゴールへのこだわりを持ったプレーで、『さすがだな』と思われるようにしたい。悔いのないように全力で取り組んで、より怖い選手になって、プロに行きたいです」
 
 決意も新たにそう語った渡井理己。静学の背番号10から、ますます目が離せない。
 
取材・文:安藤隆人(サッカージャーナリスト)
 9月5日、徳島ヴォルティスは渡井理己選手の来春入団内定を発表した。

 選手の簡単なプロフィールとコメントは以下の通りだ。
 
■渡井理己(わたい・まさき)
■生年月日:1999年7月18日(18歳)
■出身地:静岡県
■身長/体重:168cm/58kg
■ポジション:MF
■サッカー歴:リベルダージFC→静岡学園高等学校
■選手コメント:「幼い頃からの夢であったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。これまでたくさんの方に支えてもらったおかげで、ここまで来ることができたので本当に感謝しています。いままでお世話になった方々に恩返しできるように精一杯プレーしたいと思います。そして夢を実現させていただいたチームに貢献できるように、一日でも早く試合に出て、結果を残せるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」