画像提供:マイナビニュース

写真拡大

愛媛県松山市「道後温泉」は9月2日、4年ぶりとなるアートの大祭「道後オンセナート 2018」をプレオープンした。蜷川実花の特別参加作品など、2017年9月のプレオープンを皮切りに、2018年4月のグランドオープン、2019年2月のフィナーレまでの18カ月間、ホテルや街中に設置される作品と多様なイベントを組み合わせて展開していく。

「道後オンセナート」のコンセプトテーマは2014年に引き続き、夢中になるという意味で"のぼせる"を用いた、「アートにのぼせろ 〜温泉アートエンターテイメント〜」。愛媛県松山市の道後で展開されるアートは、一部の人々に与えられる"特別なもの"ではなく、自由に感じられる、鑑賞できる、ごく身近なもの。日本最古と言われる道後温泉で、人と土地のエネルギーを浴び、体験することで、大人も子どもも、遠方から来る人も地域の人も、頭も体も楽しく「のぼせよう」というメッセージが込められている。

「道後オンセナート 2018」は、「オマージュ(賛歌)」をキーワードに、約20人のアーティストの作品が道後の街を彩る。道後温泉本館は明治以降、近代的温泉リゾートの先駆けとして、風格のある姿で親しまれてきた。同プロジェクトでは、改築当時、百年先を見据えて礎を築いた道後温泉本館の存在を振り返り、アート作品でその果たした役割を讃えるとともに、これから先、百年の役割をアートの持つ力によって担いたいと考えている。また、アーティストやアート作品だけが際立つのではなく、道後温泉だからできること、楽しめることを旅人や地元の人たちとともに作り上げていく。

「道後オンセナート 2018」は道後温泉およびその他周辺エリアにて、9月2日〜2019年2月28日(9月2日プレオープン、2018年4月14日グランドオープン)に開催。パブリック作品は、大巻伸嗣/三沢厚彦/浅田政志/梅佳代/淺井裕介/イチハラヒロコ/鈴木康広、ホテル作品は、宇野亞喜良/大宮エリー/祖父江慎/松井智恵、イベントは、エンライトメント/近藤良平/田中泯/明和電機、特別参加作品は蜷川実花。

プレオープン期間(9月2日〜2018年4月13日)は、パブリック作品として、振鷺亭前にて三沢厚彦「Animal 2017-01-B2(クマ)」、道後観光案内所壁面にて浅田政志「鷺の恩返し 第八章 その弐ー朝六時、本日も湯が湧き人集うー」、道後商店街にて梅佳代「坊っちゃんたち」を展開。また、道後温泉旅館協同組合に加盟の旅館・ホテル他でイチハラヒロコの入浴タオルセット(タオル3種類のうち1種、ポストカード、みかん石鹸)を税込320円で販売する。

また、10月〜2019年2月28日(予定)に道後商店街正面入口にて大巻伸嗣「作品名未定」を、10月1日〜2018年5月31日に道後温泉本館にて蜷川実花「道後温泉本館インスタレーション」を、12月〜2019年2月28日(予定)に椿の湯1階ロビーにて淺井裕介「作品名未定」を、それぞれ展示する。

道後地区のホテル・旅館の客室などにアーティストが空間演出を施した作品の展開するホテルプロジェクトとして、9月2日〜2019年2月28日にオールドイングランド道後山の手ホテルにて宇野亞喜良「恋愛辞典」を、道後プリンスホテルにて大宮エリー「楽園」を、道後舘にて祖父江慎「空間書籍 『坊っちゃん』(仮)」を、それぞれ展開する。