パルテノン多摩×世田谷シルク『こいの棲む家』イメージビジュアル

写真拡大

パフォーミングアーツのイベント『パルTAMAフェス2017』が、9月16日と17日に東京・多摩センターのパルテノン多摩ほかで開催される。

【もっと画像を見る(4枚)】

様々なアーティストがパルテノン多摩周辺地域で演劇、音楽、ダンスといったパフォーマンスを行なう同イベント。2013年から『多摩1キロフェス』の名称で行なわれ、昨年から『パルTAMAフェス』に改称されている。

ライブイベント『DÉ DÉ MOUSE presents 大階段 SPECIAL LIVE』にはDÉ DÉ MOUSEをはじめ、CICADA、DATS、LUCKY TAPES、トクマルシューゴ、リーガルリリー、CHAI、jizue、Fox capture planが出演。パルテノン多摩内「きらめきの池」で上演される舞台『こいの棲む家』は、堀川炎(世田谷シルク)作・演出のもと、公募出演者を交えて制作された作品となる、また路上でのパフォーマンス、和太鼓集団・鼓童による公演、フラッシュモブ、パレード、スタンプラリーといったプログラムも実施される。

さらに9月15日には前夜祭として、同日に配信リリースされるDÉ DÉ MOUSEの新作EP『via alpha centauri』の発売記念ライブがパルテノン多摩小ホールで開催。照明を排除した暗闇での演出を中心に、サラウンド形式でのライブを行なう。各プログラムの詳細は『パルTAMAフェス2017』のオフィシャルサイトをチェックしよう。