ライバルのA・マドリーを撃破して進んだ決勝でユーベの堅牢を打ち破ったR・マドリーは、史上初のCL制覇という大願を成就させた。 (C) Getty Images

写真拡大 (全3枚)

 現地時間9月12日、いよいよ、欧州の頂点を決めるチャンピオンズ・リーグが幕を開ける。
 
 幾度となく名勝負が描かれてきた欧州最高峰のカップ戦だが、本稿では、より多くのドラマに彩られ、歴史も塗り替えられることとなった昨シーズンのチャンピオンズ・リーグを振り返っていく。
 
 やはり、最初に触れておきたいのは、レアル・マドリーの連覇だろう。これは1992-92シーズンに前身の「チャンピオンズ・カップ」から名称を変更して以来、初めての快挙となった。
 
 グループステージを3勝3分けの2位で通過したR・マドリーは、ラウンド・オブ16でナポリを合計スコア6-3で撃破し、続く準々決勝でもバイエルンを6-3と打ち破り、ベスト4入りを果たした。
 
 準決勝では、同じ街のライバルであるアトレティコ・マドリーと対戦。本拠地サンチャゴ・ベルナベウで行なわれた第1レグを大黒柱クリスチアーノ・ロナウドのハットトリックで3-0と制したR・マドリーは、意気揚々と敵地での第2レグに臨んだ。
 
 しかし、「“不可能”に挑戦してやろう!」と強く意気込んだディエゴ・シメオネの指揮下でやる気を取り戻していたA・マドリーに苦戦を強いられたR・マドリーは、前半16分までに2点を奪われ、合計スコアで1点差まで詰め寄られてしまう。
 
 しかしここで、王者は貫録を見せつける。42分にカリム・ベンゼマの神懸かり的なドリブル突破からイスコが貴重なアウェーゴールを奪い、宿敵の戦意を喪失させて、2シーズン連続でファイナリストになったのである。
 
 ウェールズ(ナショナル・スタジアム)で開催された決勝で相対したのは、ユベントス。グループステージからわずか3失点という鉄壁を誇ったイタリアの絶対王者に対しても、R・マドリーは攻めの姿勢を貫き通した。
 
 20分にC・ロナウドが先制弾を叩きこんで流れを引き寄せたR・マドリー。その7分後にマリオ・マンジュキッチの豪快なオーバーヘッドシュートでユーベに同点とされてハーフタイムを迎えた。
 
 しかし、R・マドリーは運も味方につけていた。61分、カゼミーロのミドルシュートが相手MFサミ・ケディラに当たり、これが名手ジャンルイジ・ブッフォンの逆をついてゴールへと吸い込まれたのだ。
 
「後半は僕たちのゲームだった」と振り返ったC・ロナウドが、64分にこの日2点目を挙げてユーベを突き放したエル・ブランコ(白い巨人の意。R・マドリーの愛称)。試合終了間際の90分にもマルコ・アセンシオがネット揺らし、ユーベの戦意を完全喪失させたうえで、史上初のCL連覇という大願を成就させたのだった。


 R・マドリーの2連覇によって、欧州サッカーの歴史は塗り替えられたわけだが、昨シーズンのCLでは、それ以前の戦いにおいても多くの思い出に残る激闘が繰り広げられた。
 
 なかでも最も見る者を興奮させたのは、ラウンド・オブ16でバルセロナがパリ・サンジェルマンを相手に演じた世紀の大逆転劇である。
 
 敵地での第1レグで0-4と大敗していたバルサは、本拠地カンプ・ノウで行なわれた第2レグで3-3-4という攻撃に特化したシステムを用いて、攻めに攻めた。
 
 その攻勢が実り、3分にルイス・スアレス、40分に相手のオウンゴール、さらに50分にはリオネル・メッシがPKを沈めて、あっという間に合計スコアで1点差に詰め寄る。
 
 この時点で、「逆転」という希望に明かりが灯ったが、パリSGはカンプ・ノウを再び静まり返らせる。62分にエディソン・カバーニがFKから決定的なアウェーゴールを奪取したのだ。
 
 これで逆転には3点が必要となり、万事休すかと思われた。しかし、バルサはここからCL史上でも稀有なミラクルを起こしてみせる。その主役となったのは、奇しくも、その5か月後に史上最高額となる280億円超の契約解除金を支払ってパリSGへ移籍するネイマールだった。
 
 88分、自らFKを沈めたブラジル代表のエースは、90分にはスアレスが獲得したPKを決める。そして、後半アディショナルタイムの5分、相手DFラインの背後に絶妙なパスを通し、セルジ・ロベルトの決勝点を演出したのだ。
 
 スタンドに埋めた9万人が狂喜乱舞し、バルサの選手たちが優勝したかのようにピッチを駆け回る光景は、その逆転劇がいかに奇跡と呼ぶにふさわしい一戦であるかを物語っていた。
 
 はたして今シーズンも、R・マドリーやバルサが演じたような、究極のドラマは見られるのか? 欧州サッカーの頂点を決める戦いの火蓋が切られる時が迫る今、期待は膨らむばかりだ。



■歴史に残る大逆転やスーパーゴールが蘇る
 「UCL名勝負クラシック」も毎月放送中!
 https://soccer.skyperfectv.co.jp/ucl/meishobu_classic/
 
【お問い合わせ、加入申し込み】