株式会社KADOKAWAは、アニメ・ゲーム業界で使われている背景作画の裏技を紹介した「背景作画 ゼロから学ぶプロの技 神技作画シリーズ4」を9月1日に発売した。B5版/144P/2,000円(税抜)。

本書は背景美術の専門家が実践している「効率的に見ごたえのある背景イラストを描くための裏技」を紹介した一冊だ。アニメ・ゲーム業界で働くクリエーターたちは、時に1日10枚以上もの背景作画を求められる。そんなとき、いかにしてクオリティとスピードを両立すればよいのか。プロの現場では、この難題を解決する手段として、パーツ素材をたくさん用意しておき、それらを効果的に組み合わせるという手法が使われてきた。

本書では、多くのアニメ作品に背景スタッフとして参加してきた著者が、これだけ知っていればほとんどの背景イラストに応用できるというパーツの描き方や、知っていると失敗しにくくなる基礎知識。また、描いたパーツを使って自然な背景を組み立てるための配置法や、物の遠近、光源、空気感の表現方法、仕上げのテクニックなど一連の作業を順を追って解説している。

複雑そうに見える背景も、実はそのほとんどが空・雲、海面、岩、叢、道路、木といった基本パーツの組み合わせとその応用で成り立っており、本書で基本的な考え方をマスターすれば、すぐに本格的な背景画が描けるようになるはずだ。

また、幅広いモチーフが登場する背景イラストに対応できるように35種類以上のメイキング事例を紹介。背景を描くうえで便利なソフトウェアの基本的な機能やツールの解説も加え、さまざまなバリエーションの背景に対応できるようになっている。


背景はパーツの組み合わせで描ける


光の重なりと空気遠近法をデジタル上で表現する/空気感をどう表現するか

出版社:株式会社KADOKAWA
価格:2,000円(税抜)
mocha 著
URL:http://www.kadokawa.co.jp/
Amazon:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4046021519/
2017/09/05