ワールドプレミアが近づく、トヨタ『スープラ』新型の最新情報を入手しました。

最新レポートによれば、「スープラ」新型にはマニュアルミッションの設定は「無い」とされていましたが、オプションで設定される可能性が高いことが分かりました。ただし、購入前にATとMTの無料セレクトが可能なのか、有料オプションなのかは不明です(写真はBMW Z4のコクピット)。

またパワートレインに関して、200psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、及び340psを発揮する3リットル直列6気筒ターボのラインナップと思われていましたが、ここへきてハイエンドモデルには最高出力400ps以上の3リットルV型6気筒ツインターボを搭載するという情報も入手しました。さらに、6月の段階ではハイブリッドモデルが見送られたとお伝えしましたが、ラインナップに加わる可能性もあるといいます。

ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mm。車重は1440kg程度で、価格は2リットルモデルが500万円〜600万円、3リットルモデルが700万円〜800万円程度という予想に変更はありません。

(APOLLO)

ワールドプレミアが近づく「トヨタ・スープラ」の最新情報。MTモデル設定&400馬力のV6モデルが追加?(http://clicccar.com/2017/09/05/507351/)