アジアサッカー連盟【写真:Getty Images】

写真拡大

 アジアサッカー連盟(AFC)は4日、現地時間5日に行われる予定だったAFCアジアカップ2019の3次予選のキルギス代表対ミャンマー代表の試合が中止を発表した。

 中止になった理由をAFCは「セキュリティー上の問題」としているが独メディア『spox』では「テロの可能性があるため」と報じている。同メディアではこの決断はキルギスのサパル・イサコフ首相によって下されたと伝えている。

text by 編集部