グレードは限られるがまだまだMTは存在する!

「いま、マニュアルに乗る」というコピーはスズキ・アルトワークスのコピーだが、確かに今や3ペダルMTというのは絶滅危惧種と言っても過言ではない。純粋に速さを求めるのであれば、クルマに変速を任せてしまったほうが速いというのはすでに周知の事実。

 しかし、速さではなく、クラッチペダルを操って自らギヤチェンジを楽しみたい、というユーザーも一定数存在するのもまた事実(筆者含む)。そこで今回は絶対的な速さは二の次、ということで軽自動車のなかから新車で購入できるMT車をご紹介したい。なお、ここではS660やコペン、前述のアルトワークスなどスポーツモデルは省いているので悪しからず。

1)スズキ・ワゴンR

 2017年2月に6代目へとフルモデルチェンジを果たしたワゴンR。スティングレーだけでなく、標準車にもFZというフロントマスクが異なるグレードを導入し、3タイプのデザインを採用していることも話題となった。そんなワゴンRは当初CVTのみのラインアップであったが、8月に5速MTを追加(FAのみ)。

「幅広い年代の多様なお客様のニーズにきめ細かく応えていく」という理由での追加となったが、足踏み式から手動になったパーキングブレーキや、セパレートシートなど、MT専用アイテムも多く採用されている。

2)ダイハツ・ミラ

 2006年から販売が続けられている現行ミラだが、2011年に「第3のエコカー」として登場したミライースに2ペダルモデルは任せ、2013年にはMTのみのラインアップへと集約がなされた。ちなみに記事執筆時点でMTしかラインアップしない国産乗用車は、ほかにスバルWRX STIのみとなることからもその割り切り具合がわかるだろう。また、商用登録となるミラバンは、専用ボディの3ドアが用意されているが、こちらも国産軽商用車としては唯一の3ドアとなっている。

大人気車のハスラーは2WD・4WDどちらもMTで乗れる

3)スズキ・ハスラー

 ジムニーほどガチではないクロスオーバーSUVとしてスマッシュヒットを記録したハスラー。じつはこの車種にもMTの設定がある。しかも2WD、4WD共に設定されているのは嬉しいところ。ただ、ターボモデルはCVTのみとなるだけでなく、MT車はレーダーブレーキサポートやESP、グリップコントロールなどの安全装備、助手席シートヒーターやリアヒーターダクトの快適装備が省かれてしまう。

4)ホンダ・バモス/バモスホビオ

 1970年代に登場したレクリエーションビークルであったバモスホンダの名前を20数年ぶりに復活させて、1999年に登場した軽ワンボックスのバモス。2003年にはハイルーフ仕様でホビー用のクルマとしての活用を見越したバモスホビオも追加されている

 ミッドシップレイアウトにMTの組み合わせということもあり走りにも期待したいところだが、フロントタイヤハウスの影響でペダルレイアウトが左にオフセットしているのが難点。またモデル途中で追加されたターボはATのみとなる。ちなみに現在のラインアップは3速ATと5速MTと両極端のため、ドラポジさえ問題なければMTを選びたいところ。

5)スズキ・エブリイバン

 仕事だけでなくレジャーのお供としても人気が高い軽ワンボックスバン。とくに軽自動車は乗用でも商用でも最大4人乗りとなることから、リヤシートの居住性も普通車ほど悪化しないというのも人気のポイントだ。ただ、スライドドアなどが備わる軽ワンボックスは車重が重くなりがちなため、パワーに余裕があるターボ車を選びたくなるところ。

しかし、エブリイワゴンにはターボ+MTの存在がない。そこで狙いたいのがエブリイバンのJOINターボとなる。なんとJOINターボにはMTの設定があり、2WDも4WDも選択可能なのだ。なお、エブリイバンは日産や三菱、マツダにもOEM供給がされているが、ターボMTが選べるのはエブリイのみ。供給元の意地が垣間見れるグレードである。