バルサの選手は皆SNSを利用している

写真拡大

チャビ・シモンズでいることは簡単なことではない。また、すでにトップチームにいるようなジェラール・デウロフェウやカルレス・アレニャのような若手選手でいることも大変である。そして、ベンハミン(U-10)の時代からスター選手への道が運命付けられている者もいる。

最近ではSNSが現れ、それを使わない者はFCバルセロナでも少数しかいない。特にツイッターとインスタグラムは人気であり、その中で彼らはスターのような生活を送っている。例えば、パブロ・パエス・“ガビ”はインスタグラムで約20,000人のフォロワーがいる。また、同じカテゴリーであるインファンティルAのポブロ・ロペスは約16,000人、フアン・ロリスは約12,000人のフォロワーがいる。しかし、チャビ・シモンズ(インファンティルB)は桁が違い、大きな旋風を巻き起こすことになるだろう。同選手をすでに約470,000人がインスタグラムでフォローしている。

このような弱冠14歳にしてこれだけのメディアへの影響力を持つのは簡単なことではない。FCバルセロナはこれらの選手がプレーに集中できるように入念にケアをしてきているが、複雑なのは明らかである。ミノ・ライオラが試合に姿を見せたのは脅威でしかない。そして、これは子供だけでなく、両親も同じである。彼らは「トップチームに必ず昇格し、プロになる」という言葉を言われ続ける。

デウロフェウやアレニャも同じように育成年代の時は言われ続けてきた。そして、彼らは着実に基礎を築き、実際にトップチームに昇格した。シモンズ、ガビ、ロリスはまだまだ長い道のりが待ち構えており、ラ・マシアにはカンプ・ノウでバルサのユニホームを着るという成功の夢の実現を助けてくれる最高のコーチたちがいる。彼らが今後どのような成長を見せるか見守る必要がある。