ユベントスが関心を抱くイニエスタ

写真拡大

4日月曜日の『TuttoSport』の報道によると、ユベントスは再びFCバルセロナのキャプテン、アンドレス・イニエスタの獲得を検討しているという。
まだバルセロナと契約を更新していないイニエスタはユベントスの来夏の補強選手として候補に挙げられており、彼にはピルロが残した役割を担う事が期待されている。

同報道によると、ユベントスはここ数年、移籍市場でフリーの選手を獲得して良い結果を残してきたように2018年6月に契約が満了する選手達の動向を既に追い始めているという。
そして、その中にアンドレス・イニエスタがいる。

バルセロナとの契約更新が合意に達していない状況がイニエスタをユベントスの補強選手候補へと変えている。
同報道によると、ユベントスのリストにはその他にリバプールのエムレ・ジャン、シャルケ04のレオン・ゴレツカなどの名前も挙がっているという。

とはいえ、思い出す必要があるのはアンドレス・イニエスタは最近、自身の契約更新に関して心配はしていないとコメントしていた事である。