ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP4回戦突破、次戦のデルポトロ戦で勝てば決勝かけて盟友と激突へ

 テニスの全米オープンは4日、男子シングルス4回戦でロジャー・フェデラー(スイス)がコールシュライバー(ドイツ)を6-4、6-2、7-5のストレートで下し、8強進出。勝ち上がれば準決勝で激突するラファエル・ナダル(スペイン)との黄金対決に“王手”をかけた。

 フェデラーがまたも強さを見せつけた。

 第1セットを6-4でものにすると、以降もリズムを崩さず、6-2、7-5で圧倒。前後左右に巧みに揺さぶる「これぞフェデラー」というべき絶品のラリーが大会公式ツイッターに動画付きで速報されるなど、圧巻の戦いぶりで準々決勝に駒を進めた。

 期待が高まり続けているのが、準決勝での黄金カードの実現だ。

 世界ランク1位のナダルもこの日行われた4回戦でアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)をストレートで破り、8強進出を決めていた。次の準々決勝で互いに勝てば、決勝切符をかけてセミファイナルで激突する。

3回戦勝利後、フェデラーが“予言”「僕たちはきっと会うことになる」

 フェデラーは3回戦でフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を下した後には、こう話していた。

「今、僕はプレッシャーを感じる必要はないと感じているんだ。僕たちはきっと会うことになる」

 王者が“予言”した夢の対決の実現まであと1勝に迫った。

 フェデラーは次戦でフアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)、ナダルは同じくアンドレイ・ルブレフ(ロシア)を迎え撃つ。果たして、無事に8強をパスし、準決勝の舞台で両雄は相まみえるのか。

 準々決勝は注目の試合となりそうだ。