3日、尖閣諸島の中国領有権を主張する香港の団体「保釣行動委員会」などは香港中心部のコーズウェイベイの百貨店前の道路に慰安婦像2体を設置した。写真は香港の慰安婦像。

写真拡大

2017年9月4日、環球時報(電子版)によると、沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)の中国領有権を主張する香港の団体「保釣行動委員会」などは3日、香港中心部のコーズウェイベイ(銅鑼湾)の百貨店「崇光(そごう)」前の道路に慰安婦像2体を設置した。

香港では同委員会が今年7月、日中戦争の発端となった盧溝橋事件の勃発から80年を迎えたのに伴い、日本総領事館近くに像2体を設置していた。今回の2体と合わせて、香港の慰安婦像は4体になった。(翻訳・編集/大宮)