お弁当作りの悩み、ズバッと解決!『オレンジページ』最新号はお弁当スペシャル号! 付録は“お弁当にぴったり!”を実現した保冷トート

写真拡大 (全8枚)

「お弁当にぴったり!」を形にした保冷トートが特別付録の『オレンジページ』9/17号が、2017年9月1日(金)に発売された。

 この保冷トートのテキスタイルデザインを手掛けたのは、日本でも数多くの雑誌で取り上げられ、生活雑貨やバッグが大人気のデザイナー、ロッタ・ヤンスドッター。北欧テイストのオーガニックな柄に、落ち着いた黄色×グレーの色合わせの保冷トートは、男性も使える甘すぎないデザインとなっている。

たくさん入るのがうれしい12cmの“まち”で買い物にも大活躍!

「大きなお弁当箱が入らなくて困っている」「飲み物を一緒に入れたい」などのお悩みを解決するサイズ感を追求。2段重ねの弁当箱に350mlのペットボトル、箸や小分けの保存容器も余裕で入れることができ、鶏もも肉1枚分くらいのトレーや、魚などのパックも横にしたまま入れられる「ちょうどいい」大きさを実現した。

 350mlの缶やペットボトルなら立てたまま6本、500mlのペットボトルは寝かせて5本入る大容量で、お買い物だけでなく、お出かけにも役立つこと間違いなし。丈夫なメッシュポケットがついているので、保冷剤を入れればひんやり感を長時間キープ。カトラリーやナプキンなどの小物も入るサイズとなっている。

 そんな実用性の高い保冷トートが付く同号の特集は「お弁当の悩み、ぜーんぶ解決!」。“ボリュームを増やしたい”、“詰めるとパッとしない”、“朝つくる時間がない”といったお弁当の悩みを解決するアイデアを大公開している。

 読者アンケートで集まった1266名の要望を徹底的に追求して完成した保冷トート。毎日使いたくなるオシャレアイテムをゲットしよう。

ロッタ・ヤンスドッター
北欧(スカンディナビア)出身のデザイナーで、現在ニューヨークを拠点にアーティストとして活躍の幅を広げているロッタ・ヤンスドッターのオリジナルブランド。洗練されたデザインのテキスタイル、オリジナル生活雑貨は世界各国で販売されている。

※掲載内容は変更になる場合があります。