安室奈美恵

 安室奈美恵の新曲「Showtime」が、10月から始まるTBS系火曜ドラマ『監獄のお姫さま』主題歌に決定した。ドラマへの主題歌起用に、安室は「とても光栄に思っております」とコメントしている。

 TBSドラマ『監獄のお姫さま』は、人気脚本家・宮藤官九郎が満を持して手掛ける“おばさん犯罪エンターテインメント”で、女優・小泉今日子が16年ぶりの主演となるTBSドラマということでも話題。さらに、小泉今日子同様ドラマや映画、CMなどで幅広く活躍する女優・満島ひかり、俳優・伊勢谷友介、女優・夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂といった出演者が名を連ねている。『逃げるは恥だが役に立つ』『カルテット』など、話題性抜群のドラマが続いている火曜ドラマ枠ということもあり、注目度も高い。

 そのドラマ主題歌に安室の新曲「Showtime」が決定。同曲は、“ショータイム”を繰り広げる女性たちのキャッチーでアップテンポな、ポップ・ソング。主題歌決定の情報解禁とともに、情報番組では音源が初解禁された。

 今回の安室の主題歌提供は、ドラマサイドからの強い希望で実現。TBSドラマプロデューサーの宮崎真佐子氏は、「罪を犯した女性たちの一世一代の復讐劇を通して、普通に生きることの幸せや、貫きたい正義を描く本作。バカみたいで恥ずかしいけど、でもどこかかっこいい女たちの生き様を爽快に、力強く、盛り上げてくれる素敵な主題歌です」と主題歌に期待を抱く。

 このドラマへの主題歌起用に、安室は「とても光栄に思っております。ドラマで繰り広げられる“リベンジ計画”を“ショータイム”に例え、女性らしくポップな楽曲に仕上げました。この楽曲で、ドラマをより盛り上げるお手伝いができれば嬉しいです」とコメントしている。