画像

写真拡大 (全4枚)

 Datorama Mobile Connectがリリースされた。Adjust、Adways、AppsFlyer、Force Operation X、TUNEといったモバイルアプリの計測ツールのデータをAPI不要で取り込めるようになった。

 Datorama Japan(デートラマジャパン)は、Datorama Mobile Connect(デートラマ・モバイルコネクト)をリリースした。

 Datorama Mobile Connectは、各社モバイルアプリ計測ツールのデータをAPI不要でスムーズに取り込める。マーケターはエンジニアのリソースを割くことなく、データを取り込み、他のデジタル広告データ・CRMデータ・売上データなどとシームレスに統合し、ダッシュボード化し、一元管理できるようになる。

 各ステークホルダーが同じデータとダッシュボードを共有・活用することで、マーケティング投資の最適化から事業全体のKGI達成のためのデータ利活用に役立てることが可能だ。

 なお、リリース段階で協業するベンダーは、Adjust、Adways(PartyTrack)、AppsFlyer、Force Operation X(CyberZ)、TUNEとなっている。
Mobile Connectで作成したダッシュボードイメージ:
全体予算管理からインストール数、 獲得単価、 当月課金、 ROASや日別詳細などを一元管理

 近年、カスタマージャーニーは、オフライン・オンライン・モバイルアプリとデバイスもアプリも横断して描かれるようになっているが、それぞれのデータは各所に点在し、マーケターも経営陣も俯瞰が難しいことがマーケティングROIを測る上で課題となっていた。

 中でもモバイルアプリにおけるデータ活用の深化は目覚しく、アプリのダウンロード率・活用度合・アンイストール率など各種データは、アプリ施策を考える上で必須となっている。

MarkeZine編集部[著]