志摩(@smsm_meguri)さんが高校生だったころ、友達と一緒にこんな遊びを考えたそうです。

「起立、気をつけ、礼」をどこまで改変して、先生にバレないか。

※写真はイメージ

学生ならではの、おふざけ。

志摩さんはさまざまな言葉を試し、最終的には、こんな挨拶をするまでになりました。

『プリッツ、京漬け、DAY(起立、気をつけ、礼)』

「いやいや、さすがにバレるでしょ」と思いましたが、先生の反応は…。

ば、バレてない!

志摩さんはこの時のことを、「思えば愚かな子どもだったけれど楽しかった」と語り、現在は「挨拶はきちんとしたほうがいい」と考えているようです。

この「挨拶の言葉を変える遊び」に、たくさんのコメントが集まっています。

「ありがとうございました」を、「アイドルマスター!」っていってました。昔、トラックの「バックします、ご注意ください」を、「ガッツ石松、50円ください」でも違和感がないというのもありましたね。「こんにちは」を「コンブチャ」も、あまりバレない。

驚いたのは、「自分もやったことがある」というコメントの多さ。

相手に「ごめんなさい」と思いつつも、ついつい、やってしまうことなのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]