【ソウル聯合ニュース】韓国政府は5日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰した閣議で、秋夕(中秋節、今年は10月4日)連休前の10月2日(月曜日)を臨時休日とすることを決定した。10月3日は建国記念日にあたる開天節で祝日、4日は秋夕、5日は秋夕翌日、6日は振り替え休日。臨時休日の指定により、前週末の9月30日(土曜日)からハングルの日で祝日の10月9日(月曜日)まで、最長10連休となる。

 10月2日の臨時休日指定は文大統領の公約の一つで、秋夕に合わせて国民に十分な休息を取ってもらうことが目的。政府が臨時休日を指定するのは政府樹立後60回目となる。

 政府は10月3〜5日の3日間、高速道路料金も免除する。帰省などで移動が多い旧正月や秋夕の高速料金無料化も文大統領の公約で、政府は関連法施行令を改正して旧正月と秋夕の前日、当日、翌日の3日間、料金を免除する。

 一方、政府の臨時休日指定は「官公署の公休日に関する規定」に基づくもので、原則的には公務員に効力を及ぼす。大企業は労使の協約や就業規則にのっとり官公署の休日と臨時休日の有給休暇を保障するが、中小企業などはそれができないケースが多い。