2007年からAppleがロンドンで開催してきた音楽フェス「Apple Music Festival」は2016年に10周年を迎えたのですが、Appleはもう同様のイベントを開催しないものと報じられています。

Apple axes annual Apple Music Festival in London after 10 years - Music Business Worldwide

https://www.musicbusinessworldwide.com/apple-axes-annual-apple-music-festival-london-10-years/

Apple reportedly ends ‘Apple Music Festival’ after 10-year run | 9to5Mac

https://9to5mac.com/2017/09/04/apple-reportedly-ends-apple-music-festival-after-10-year-run/

2007年に「iTunes Festival」の名称で始まったこのイベントは毎年9月にロンドンで開催されてきたもので、一ヶ月間にわたって毎晩違うアーティストがライブを開催してきました。いわゆる「音楽フェス」とは異なったフォーマットを持つもので、これまでに出演したアーティストはアデル、オアシス、マムフォード・アンド・サンズ、ポール・サイモン、エド・シーラン、コールドプレイ、レディー・ガガ、アークティック・モンキーズファレル・ウィリアムズ、ワン・ダイレクション、ベックなど、そうそうたる名前が並んでいます。

Appleが音楽ストリーミングサービスを開始した2015年からは名称を「Apple Music Festival」に変更し、10夜連続のイベントにフォーマットを変更して開催されていました。



Music Business Worldwide(MBW)によると、AppleはもうApple Music Festivalを開催しないという方針をMBWの問い合わせに対して明らかにしたとのこと。終了の理由については明らかにされていません。これまでは8月にイベントの内容が発表されてきたのですが、2017年には何も発表されていませんでした。

10年続いた一大イベントをAppleは終了させることになりそうなわけですが、一方でAppleは別の形で音楽イベントの開催を手がけることになるとも報じられています。9to5Macによると、Appleは連続的な一つイベントを開催するのではなく、1年を通じて音楽イベントを開催する方針に転換したと考えられる模様。Appleはすでにロックバンドのハイムやアーケード・ファイア、ラッパーのスケプタなどのショーを提供するなど、個別のサポートを行う方向に舵を切っているとも見られています。