日本航空(JAL)と中国電力は、「JAL&エネルギア・ふるさとメニュー」の提供を開始する。

対象となるのは、群馬県、栃木県、茨城県、埼玉県、東京都(島しょ部を除く)、千葉県、神奈川県、山梨県、静岡県(富士川以東)在住のJALマイレージバンク(JMB)会員で、中国電力のウェブ会員「ぐっとずっと。クラブ」に入会のうえ、シンプルコース(東京電力エリア)に加入した、エネルギアポイントサービスの利用者。

エネルギアポイントをJMBのマイルに交換できる。交換レートは150ポイント=100マイルで、150ポイント単位で上限なく交換できる。また、中国地方の魅力を発信する企画として、7月と12月に地域の特産品が当たる企画も行う。

サービス開始は10月28日を予定しており、決定後に中国電力のウェブサイトで告知する。