UZUZの社内で開講されている「UZUZカレッジ」。第二新卒や既卒の求職者が、カウンセリングを受けながら、就職にプラスになるビジネススキルを身につけている (編集部撮影)

新卒大学生の3人に1人が「3年以内」に離職している──。

毎年秋になると、厚生労働省による「新規学卒者の離職状況」の調査結果が発表されて、そうした見出しのニュースをよく見かける。3年で3割というものの、詳細を見ると、1年で1割以上もの新卒者が退職していることがわかる。

実はこれは、最近の話ではない。平成になってからの推移を見ると、その傾向は1990年代後半以降ずっと続いており、「新卒の3人に1人が3年以内に会社を辞める」という事実は、もはやニュースではなく、恒常的な現象なのではないかと思えてくる。

新卒の3割が3年で辞める現実


だからといって、これは放置しておいていい問題ではない。事態は深刻だ。

というのも、新卒入社した会社を短い在職日数で退職した人たちは、2度目の就職活動をする際、新卒のときとは比べようもない、不利な状況にさらされるからだ。

どれだけ高学歴で優秀な人でも、採用担当者からは、すぐに会社を辞めてしまった”半人前の元社員”というレッテルを貼られ、敬遠される。希望する条件の会社に再就職できないばかりか、条件を大幅に下げても、採用してくれる会社は見つかりにくくなるという。

そもそも、新卒入社した大学生の離職率の高さが改善されない原因は、学生と企業のミスマッチにある。会社説明会で人事担当者が話す内容は、美辞麗句に満ちたものばかりで、「実際の仕事の厳しさ」や「一人前の社会人になるためのハードル」といったことは、あまり語られない。

一方で大学生のほうにも、「入社後のキャリアプラン」や「自分に向いている仕事は何か?」といった大事な視点を持つことなく、会社の知名度や給料の高さなどのスペックだけで、安易に就職先を決めてしまうことに問題がある。入社後に「こんなはずではなかった」と感じるのは、新卒入社した大学生本人だけでなく、甘い考えで会社選びをした大学生を受け入れた会社の上司や人事担当者も、同様なのではないか。

こうしたミスマッチを解消しようと、国や大学のキャリアセンターもさまざまな取り組みをしてきたが、劇的な成果が出ていないことは、新卒者の3年内の離職率の推移を見れば明らかだろう。

政府や大手人材会社も、3年未満で離職した新卒社員を「第二新卒」と名づけ、企業に採用を促してきた。すぐに会社を辞めてしまった”半人前の元社員”は、確かに経験豊富な中途採用の社員のような即戦力にはならないかもしれない。が、名刺交換や電話対応など基礎的なビジネスマナーを習得しているので余計な研修費はかからず、かつ企業や業界の個別風土にもなじみやすい、順応性のある人材である。そう改めて定義し直し、早期に離職した第二新卒の雇用を促進してきたわけだ。

ただ、2008年のリーマンショックを契機とした雇用の冷え込みで、取り組みは下火になっていった。そのまま行けば、「第二新卒」という言葉は、死語として忘れ去られることになっていたはずだった。

そんな彼らにとって、好機が到来している。ここ数年、景気が上向いていることや少子高齢化の進展により、空前の人手不足の状況になっているからだ。企業が当初の計画通りに人材を確保できず、第二新卒や既卒者も含めた積極的な採用活動を行うようになってきた。求職者からすれば、願ってもない売り手市場になっている。

「どんな仕事に向いているか」を一緒に考える


模擬面接の様子。受講をしている期間と平行して、採用の紹介も行っており、早い段階で、内定を決める求職者もいるという (編集部撮影)

こうした時代の流れを受けて注目されているのが、2012年に創業した、株式会社UZUZ(ウズウズ)だ。同社は「第二新卒」だけでなく、大学卒業後に正社員として就職することなく非正規雇用のフリーターや未就業のニートとして過ごした、「既卒」と呼ばれる求職者たちを専門にする、人材サポート会社だ。

UZUZの特色は、個別のカウンセリング対応にある。「既卒」、あるいは「第二新卒」になった求職者は、ホームページから会員登録。その後、キャリアカウンセラーの面談を受けて、「なぜ最初の就職に失敗してしまったのか?」「本来どんな仕事が自分に向いているのか?」を、一緒に考えていくことからスタートする。1回で2時間以上話し込むこともあるという。

2016年からは「UZUZカレッジ」を開講。東京・西新宿の本社や初台にあるスペースに第二新卒や既卒の求職者を集め、社会人として必要になるビジネスマナーや、Word、Excel、ビジネスメールの打ち方といった基本スキルを学んでもらう。平行して採用面接対策なども行う。さらに、ITインフラエンジニアの登竜門とも言われる「CCNA(シスコ技術者認定)」や国家資格の「ITパスポート試験」といった、専門資格を取得するための参加コースを設けている。

「UZUZカレッジ」に入学すると、基本的に4週間程度のカリキュラムが用意されている。開催時間も月曜から金曜の10時から17時という、企業の勤務スタイルに近い。社会人生活を習慣づけて、就業後の生活リズムの激変を防ぐのが狙いだ。欠席する場合も、その連絡と、理由の報告を義務づけているという。

「最初の面談で、キャリアカウンセラーの方から『あなたに紹介できる求人票は、1社しかありません』と言われたときは、さすがにショックを受けました」と語るのは、大学卒業後、就職せずに5年間のフリーター生活を送ってきた「既卒」のSさん(男性)だ。プロのミュージシャンを目指してライブ活動を行ったり、数々のオーディションを受けてきたが芽が出ず、社会人としてイチから出直す決心をした。そしてネットで見つけた、UZUZの門を叩いたのだという。

「第二新卒」の定義が卒業後3年未満であることから、音楽活動を始めて3年目くらいのところで後戻りすることも考えた。しかし、そのときは決心できず、結果的に30歳を目前にしたところで、「このまま親の世話になるわけにはいかない」との思いで、音楽の道に見切りをつけた。

「とにかく今は、ITエンジニアの資格を取得して、有効なキャリアを積んでいけるだけのスキルを身につけたい。10年先に自分がどうなっているかは正直わかりませんが、UZUZのスタッフの方々のおかげで、今、何をすべきかが見えたような気がします」と、前向きな姿勢で語ってくれた。

大学の栄養学科を卒業して栄養士の資格を取得、給食サービス会社に就職したOさん(女性)は、入社して3カ月で退職した「第二新卒」組だ。

ブラック企業を辞めても大きなハンデ

「大学の先生に、『あなたの実力では就職は難しい』と言われた会社だったので、がんばって勉強し入社することができたときは、とても嬉しかった。でも、いざ現場に出てみると、厨房の40〜50代のベテラン調理師の人たちから、怒鳴られる毎日。勤務もサービス残業が常態化していて、憧れの職場とはほど遠い環境であることに愕然としました」

そんなある日、食品系ではない一般企業に就職した大学の同級生と再会し、二重のショックを受けた。

「その同級生は定時出社が基本なのに、私よりも高収入で、しかも『将来はこうなりたい』というキャリアプランをいきいきとした表情で語っていたんです。私にはそんな風に語れる未来がまったくないのが、何よりのショックでした」

現在、UZUZのセミナーに通ってプログラミングを学んでいるOさんだが、中学生のころにホームページを作って以来、パソコンを趣味にしていただけに、学ぶことの楽しさを久しぶりに味わっているという。

「栄養士の資格を持っているだけに、食品系の仕事以外に選択肢はないと思っていましたが、UZUZに通って新たな道が開けた思いがしました。結婚、出産という、ライフステージの変化を迎えたときも、在宅で仕事のできるプログラマーになれるよう、がんばりたいと思います」と新たな目標を見つけた喜びを語ってくれた。

新卒入社した中古車販売会社を2カ月で退社したMさん(男性)は、UZUZの門を叩く前に友人が勤める会社を紹介してもらい、再就職のための面接を受けた経験を持つ。ところが、「友人の紹介」というカードを持っていながら、その会社から内定をもらうことはできなかったという。

「今思えば、その理由は明らかです。というのも、最初に就職した会社が人格否定、威圧、暴力といった、パワハラの定義をすべて兼ね備えた”ブラック企業”だったので、『なぜ前の会社を辞めたんですか?』という質問をされると、前の職場がいかにひどい環境だったかを語ることに終始してしまい、有効な自己アピールができていなかったのです。UZUZのカウンセラーにそのことを指摘されたとき、納得するしかありませんでした」(Mさん)。

だが、Mさんが前職で受けた仕打ちを聞いてみると、彼がそうなってしまうのも無理はないと感じた。営業成績至上主義の職場で「売れない奴はクズ」として扱われるだけでなく、自分が担当した顧客を横取りする上司がいるような環境で働いた経験を持つ人に、「前職の悪口は言い訳に過ぎない」と言うのは酷だ。その後、MさんはUZUZのカウンセラーのアドバイスを受け入れ、面接指導を受けた結果、1社目に受けたITインフラサービス企業から内定をもらうことができた。

「UZUZに来て何よりよかったなと思うことは、自分と同じような経験をしてきた仲間と友だちになれたことです。彼ら同期の話を聞いてみると、つらい思いをしたのは自分だけじゃないと感じましたし、一緒にがんばっていこうと励まし合ったことがどれだけ心強かったか。もしUZUZに来ていなければ、僕はまだ職探しをしている最中だったかもしれません」。そこで出会った同期の仲間たちのありがたさを語ったMさんだが、同様の発言は前述のSさんとOさんもしていた。

サービスは無料、採用されれば紹介手数料


「第二新卒や既卒のマイナスの印象というのをなくしたい」と語るUZUZの川畑翔太郎専務取締役。同社の社員もほぼ全員、第二新卒か既卒者だ (編集部撮影)

こうしたサービスを、UZUZは無料でおこなっている。同社のビジネスモデルが人材紹介会社と同じで、企業に人材を紹介し、採用につなげることで、紹介手数料を得ているからだ。いかに第二新卒や既卒者を企業が求める水準に伸ばすことができるかがカギとなる。

就活塾や就活セミナー、就職カウンセリングといった人材会社が行うサービスの中には、数十万円程度の高い授業料を要するものが少なくない。こうしたサービスを無料で受けられるのは、金銭的に困窮しながら就活をする人たちにとっては大きな魅力だろう。

創業メンバーの一人で専務取締役の川畑翔太郎氏に今後の展開を聞いた。

「『既卒・第二新卒』と呼ばれる人たちの再就職へのハードルは依然として高く、これを乗り越えるには、キャリアカウンセラーが会員一人ひとりに個別に対応して支援することが必要不可欠です。1対1ですから、対応できる人数は限られてしまいますが、同時に複数人に指導や研修が行える『UZUZカレッジ』と並行すれば、より多くの会員に対応できます。現在は東京圏にある2カ所の拠点に限られていますが、今後は地方自治体や人材会社などと提携し、全国に展開していきたいと考えています」

当初、創業メンバー3人で始めたUZUZは、現在、アルバイト3人を含む28人のスタッフを抱える。企業側からの評価も年々高まっており、売上高は5年目で創業年の約10倍に達したという。

2016年度の年間会員登録者数は約9500人。同社は求職者が就職した後の定着率にこだわっており、入社1年後の定着率は94.7%という高水準だ。既卒・第二新卒の再生工場として、“UZUZ効果”はかなりのものと言える。世の中の第二新卒、既卒者に対するマイナスなイメージは、払拭されることができるか。