家の近くの公園にいるスズメの中に、何か白いのがいる!

家に走ってカメラを取りに帰り、写真を撮影したのはDia(@Antares1104)さん。

可愛らしく貴重な姿が写し出されています!

Diaさんは、白いスズメを見て「アルビノ種だ!」と思ったのだそうです。

写真をTwitterに投稿したところ、「目が黒いから、アルビノではなく白変種では」とのコメントが寄せられました。

白変種は、突然変異で色素が少なくなってしまった個体。メラニン色素に関わる遺伝子情報が欠損したアルビノ種とは異なり、白変種にはメラニン色素があるので、体に黒い部分を持ちます。

白い個体は、仲間はずれにされてしまうケースも多く、生きづらいこともあるのだとか。また、白いことで目立ってしまい、天敵に襲われる可能性も高くなります。

Diaさんが撮影した白いスズメは、ほかのスズメたちとも仲がよさそうに見えます。この美しい鳥には、仲間たちと共に穏やかに暮らしてほしいですね。

[文・構成/grape編集部]