2017年度の第1四半期決算(4‐6月)で黒字転換を果たした三菱自動車。

同期間における売上高は4,409億円(前年同期比+2.8%)で、営業利益は206億円(営業利益率:4.7%)、純利益が230億円(昨年は‐1,297億円)と黒字に転換しています。

また通期(2017/4‐2018/3)の見通しについても、売上高:2兆円(前期比+5.0%)、営業利益:700億円(営業利益率:3.5%)、純利益:680億円を見込んでいる状況。

一方、7月度の国内販売については、こちらも7,079台(前年同月比+11.2%)で2017年4月以降、4ヶ月連続で前年同月比増となっています。

内訳は登録車が2,763台(+4.2%)、軽自動車が4,316台(+16.3%)で、主な車種の増減は以下となっています。

デリカ D:5  1,080台(前年同月比+14.4%)
デリカ D:2   597台(同+8.9%)

アウトランダーPHEV  280台(同+7.3%)
アウトランダー      232台(同+1.8%)

eKワゴン/カスタム 2,032台(同+15.1%)
eKスペース     1,075台(同+22.9%)

同社は昨年12月に「eKスペース」を大幅に改良。エクステリアの刷新に加え、ターボエンジン搭載モデルの追加、「セーフティパッケージ」を標準搭載するなど、商品力を向上させています。

また本年2月にはSUV「アウトランダーPHEV」をマイナーチェンジで改良、電動走行頻度を向上させました。モーターのみによる航続距離は60.8km(カタログ値)で、街中から高速道路に乗って普通に走行する際には、エンジンの出番がほぼ無く、スムーズな加速や静かなキャビンが好評のようです。

さらに今年4月にミニバン「デリカ D:5」をマイチェンした際には、クリーンディーゼル搭載車に特別仕様車「ACTIVE GEAR」を設定。インテリアにオレンジの差し色を施すなど、新鮮な内外装を演出しています。

業績の推移から判断すると、これらの商品へのテコ入れが寄与しているとみられ、6月に開催された同社株主総会では益子社長が「業績がV字回復した暁にはランエボの開発に再挑戦したい」と述べるなど、信頼復活に向けた商品戦略を通して、徐々に以前の存在感を取り戻しつつあるようです。

(Avanti Yasunori・画像:三菱自動車)

【関連記事】

三菱「ランエボ」が復活!? 株主総会で明かされた内容とは?
https://clicccar.com/2017/06/25/485913/

EV度を増した、三菱・アウトランダーPHEVの「深化と課題」とは?
https://clicccar.com/2017/04/29/468066/

元初代プリウス開発者が精査した三菱自動車の開発実態は?
https://clicccar.com/2016/08/04/390331/

日産が三菱自動車の燃費不正解明を待たずに買収に動いた訳は?
https://clicccar.com/2016/05/13/371662/

三菱自の新たな発表「1991年から続いた4重の不正」とは?
https://clicccar.com/2016/04/26/368979/

【関連リンク】

アウトランダーPHEV
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/outlander_phev/

デリカ D:5
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/delica_d5/

eKスペース
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/ek_space/index.html

「商品力向上が復活への早道」三菱自動車が今年度に経営黒字化!(http://clicccar.com/2017/09/05/507502/)