マリア・シャラポワ【写真:Getty Images】

写真拡大

全米OP4回戦で逆転負け…各国メディアが惜しむ声「彼女のスパンコールはもう輝かない」

 テニスの全米オープンは女子シングルス4回戦で、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(ロシア)が17位のアタスタシヤ・セバストワ(ラトビア)に7-5、4-6、2-6で逆転負け。出場停止処分から四大大会に復帰した「妖精」は、華麗なテニスでニューヨークを沸かせたが、06年以来の全米制覇はならず。元女王の涙の敗退を、各国メディアは「彼女のスパンコールはもう輝かない」などと惜しんでいる。

 ワイルドカード(主催者推薦)で参戦したシャラポワは、ついに力尽きた。英公共放送「BBC」では「マリア・シャラポワの19か月ぶりのグランドスラムはアタスタシヤ・セバストワ戦の敗北によって終わりを告げた」と特集。本人は「この1週間は本当に素晴らしい流れだった」と振り返っている。

「今週もたくさんの得るものがあった。去ることになってしまったけど、こういうメジャー大会でそれを得ることができたのはありがたいこと。信じられないような素晴らしい機会だった。こういう機会を手にすることができてとても感謝しています。私はベストを尽くした。それは誇りにできます」と語り、逆転負けにも胸を張っていたという。

 地元紙「ニューヨーク・タイムズ」は「マリア・シャラポワが敗退。USオープンでスター選手たちは敗者に追いやられている」と特集した。

「ファンの応援だけでは足りなかった」…19か月ぶり四大大会で世界的人気を証明

 今大会は男子でアンディ・マレー(英国)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、スタン・ワウリンカ(スイス)、錦織圭(日清食品)、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)が故障で大会を棄権。女子でも出産によりセリーナ・ウィリアムズ(米国)が欠場した。

 さらに、中盤に差し掛かった大会も美貌で世界的人気を誇るシャラポワに続き、男子ではカナダの新星デニス・シャポバロフが4回戦でパブロ・カレノ・ブスタ(スペイン)にストレート負けを喫したことで、USオープンから次々にスターが去っている現状を嘆いている。

 一方、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は「マリアは19か月ぶりのグランドスラムで倒された。ファンの応援だけでは足りなかった」と特集。摩天楼のファンから大きな後押しを受けていたことを紹介。スパンコールをあしらったウェアをまとっていた妖精について「シャラポワは潤んだ瞳でニューヨークを去る、彼女のスパンコールはもう輝かない」と敗退を惜しんでいる。

 禁止薬物使用で出場停止処分明けとなったシャラポワは、ワイルドカードでの本戦出場を許されたこと、ランキング上位の選手を差し置いてセンターコートで戦うなど日程上の優遇を受けたことで、今大会は戦いぶりはファンに称賛されながらも、ほかのライバルからは批判も集め、騒動になっていた。

 しかし、妖精の世界的な人気は揺るがないようだ。19か月ぶりに参戦したグランドスラムで、それを証明した。