日本代表、タクシー移動で“アウェーの洗礼” 仏紙「サムライ・ブルーは軽視された」

写真拡大

渋滞により選手が乗り込むはずのバスが到着せず、急きょタクシーを手配

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は、8月31日のロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選オーストラリア戦に2-0と勝利し、6大会連続となる本大会出場を決めた。

 最終予選の最終節、敵地サウジアラビア戦に向け2日に現地へ移動。トレーニングを重ねるなかで“アウェーの洗礼”を浴びた。フランス紙「レキップ」は、「サウジアラビアでの試合前に、日本が練習場までタクシー移動を強いられた」と伝えている。

 現地時間3日、ジッダで調整していた日本が思わぬハプニングに見舞われたという。記事では「日本のチームバスは到着しなかった」として、渋滞により選手が乗り込むはずのバスが時間通りに到着せず、対応を迫られた。

 チーム全員での移動が難しくなり、日本は急きょタクシーを手配。いくつかのグループで分乗し、練習時間こそ若干遅れたものの事なきを得た。これには同紙も、「日本が練習場までタクシー移動を強いられた」と驚きを持って報じている。

 また同記事では、日本が敵国サウジアラビアから軽んじられたと言及。その一因は、すでにW杯出場が決まっていることにあるとしている。

「ホスト国の協会は、対戦国の物流などを管理することになっているが、すでにW杯出場を決めていたサムライ・ブルーは軽視された」

GK川島は「楽しい経験」と意に介せず

 とはいえ、日本の選手たちに大きな影響はなかったようだ。フランス1部メスに所属するGK川島永嗣のコメントも紹介しており、「楽しい経験だった。意図的かどうか分かりませんが、ストレスにはなりません」と意に介していない様子を伝えている。

 3位オーストラリアと勝ち点16で並ぶ2位サウジアラビアだが、1試合を残し得失点差で「2」上回っている。サウジアラビアにとっては絶対に落とせない一戦となるなか、第一副首相と国防大臣を兼務する同国のムハンマド・ビン・サルマーン皇太子は、決戦会場のキング・アブドゥラー・スポーツ・シティ(約6万人収容)に訪れたファンを全員無料で入場させるとの声明を発表するなど、国を挙げて代表チームのサポートに回っている。

 日本は“アウェーの洗礼”に負けず、決死の覚悟で臨むサウジアラビアに勝利し、最終予選の有終の美を飾れるだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images