学生の窓口編集部

写真拡大

こんにちは、慶應義塾大学のみゆです。

タイトルにもありますが、今回ご紹介するアルバイトは男子必見です。ですが、これを紹介する私は女子です。なにが言いたいんだ! と思うかもしれませんが、これまで陸上などの経験もなく人並みに動いて生活してきた私が「マルシェ」という字面から想像した以上の力仕事をした経験が衝撃的だったのでみなさんにも共有させていただこうと思います。……もう一度言います。これからご紹介するマルシェのアルバイトは男子必見です。

■基本情報

おすすめバイト診断! 大学生のあなたにぴったりなのは?

ジャンル:おしゃれな街で屋外マルシェの運営
仕事内容:マルシェでの各店舗が滞りなく営業できるよう運営する。テント設営やテーブルの組み立て・解体、トラックから道具の運び出し など
給与(交通費あり):交通費込みで日給11,000円
シフト:朝8:00〜19:00で単発OK。1時間の休憩あり
家・学校からの距離:マルシェの開催場所にもよりますが、大概1時間以内で通える場所です

■身だしなみについて

Tシャツ、軍手、デニムなど汚れてもいい服装を各自で用意します。基本的には、身だしなみの規制はありませんでした。私がシフトに入った時期は真夏だったので、汗だくになることも。Tシャツは2枚あると安心です。また、屋外勤務なので、帽子を被ったりスポーツタオルを首に巻いたり暑さ対策をして勤務していました。

■バイトで学んだこと

おしゃれなマルシェを演出するために動いている裏方の仕事を学べました。屋外なので、朝の天気によってマルシェを開催するかどうかが変わります。また、マルシェの開催準備を行う運営スタッフは少なめにシフト調整されていたので、営業開始時刻までに準備を完了させるためには各メンバーが周囲を見ながら自分ができそうな仕事を率先して取り組む必要がありました。

仕事の特性上重い物を頻繁に運ぶため、自分本位で動くと自分だけでなく他者も怪我をしてしまう可能性があります。そのため、常に周囲の人との連携が必要になる仕事で、「気を利かせる」こととはなにかを学べたアルバイトだったと思います。

■バイトをやっていてつらかったこと

重い物を持つ機会が頻繁にある・炎天下の中の重労働が厳しい……この2つが私の中でつらかったポイントでした。マルシェのアルバイトに応募した当時は、売り子さんに応募したつもりでいた私ですが、実際任されたのは運営のお仕事。運営は裏方でしっかり働く仕事なので、テント設営の度に20kgの重りを運搬したり、出店者の要求に迅速に応えたり(日除けのパラソルを立ててほしいetc…)。仕事は大きなやりがいを得られますが、女子には不向きかもしれません。実際、15人ほどいたスタッフのうち女子は私を含めて2人でした(笑)。

ただ、一生懸命仕事に取り組んでいれば周りの男性がフォローしてくださったりするので、きつい仕事でも真摯に取り組む姿勢が大切だと実感しました。

■おすすめポイント

力に自信がある男子なら余裕で取り組めるお仕事です!! また、1日頑張って働くだけでお給料が1万円超えるのも金欠学生にはありがたいです。出店者の方と仲よくなったり、お客様とお話したりするのもマルシェ運営の仕事の一部。いろいろな世代の方とお話できるのは非常に楽しいです。私は出店者の一人とかなり仲よくなって、その方の休憩時間に店番を代わって接客していたことがあります(笑)。

■まとめ

屋外マルシェの運営は「元気があればなんでもできる!」を体現したようなアルバイトなので、マンパワーを提供してくれる元気な学生さんにおすすめします。お給料・名前の響きだけでアルバイトを選ぶと、想像以上にパワーを使うこともあるのでアルバイトを探すときには慎重に考えて選びましょう!!

文・みゆ