映画プロデューサー、小説家 川村元気氏

写真拡大

26歳、初めてプロデュースした映画『電車男』が大ヒット。昨年公開の『君の名は。』は社会現象に。手掛けた作品にハズレなし。すべて、狙い通りなのか──。稀代のプロデューサーの源泉を探った。

■時代の気分を創るのは「大衆」より「自分」

ヒットは、狙ってつくれるものではないと思っています。

時代の求めるものは日々移り変わりますから、マーケティングデータなどに基づいて作品をつくると、タイムラグが生じてかえってうまくいかなくなる。特に映画は企画段階から公開されるまで2年はかかります。作品が公開される頃にはいまのデータや手法が古びてしまい、通用しなくなってしまうのです。

ロジックやデータより、あくまで感覚が先。とてつもなく美味しい料理をつくるシェフや寿司職人は、まずは感覚からはじめている気がします。狙って美味しいものをつくろうとしても、人が驚くような味になるとは思えません。

ですから僕が心掛けているのは、「自分が観たい映画」をつくるということ。いち映画ファンとして、「映画館で1800円を払って何を切実に観たいか」。そのことを常に考えています。

マスに向けてつくるといっても、大衆が何を考えているかは正直わかりません。ただ、大衆の一人である自分が何を求めているかは、深く考えるようにしています。自分が食べたいと思える味になるように努力して、その味が「実はこれが食べたかった」という大衆の気分に重なれば、それがヒットの生まれる瞬間なのだと思います。

感覚で高く飛べたとしても、どうやって飛べたのかをわかっていなければ、再現することはできません。ですから、こうしたインタビューに答えるためでもありますが、因数分解してヒットの要因を言葉に落とし込んでいく作業はするようにしています。

ヒットの要素を言語化できれば、それを発展させることもできるし、逆に同じ手法を避けることも容易になります。同じことを続けると観客に飽きられますし、自分自身も熱を持ってやれなくなる。いずれにしても、観客は同じ手法に喜んでくれるほど甘くはないと思っているので、過去の成功体験をなるべく忘れて「いま、食べたい」味にするために、新しい挑戦をするようにしています。

大衆の一人としての感覚からはじめて、後からそれをロジックにしていくのが、僕の表現方法です。いまのところは、世の中の人が「こういうものを観たい」という気分を数年先に感じ取ることはできているのかもしれません。

もともと、自分が何に不満で、何を欲しているのかということには、ものすごく気を配っています。その個人の感覚の集積が「時代の気分」になると思っているからです。

今作『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をアニメとして生み出すまでも、いま話したプロセスが当てはまります。

今回、川村が企画・プロデュースしたアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。その原作は、岩井俊二監督によるテレビドラマとして1993年に放送された。作品中では、「もしも、あのときに戻れるなら……」という誰しもが抱えるであろう願いを実現し、人生の分岐点に戻ることができる。

クラスメートの少女に想いを寄せる少年が、彼女との駆け落ちを成功させるために、夏の一日を繰り返す。二度と戻れない青春時代の甘酸っぱさと儚さに「もしもの世界」というファンタジーが掛け合わさり、熱狂的なファンにいまもなお支持され続ける作品だ。

僕は原作のドラマが大好きでした。少年少女の瑞々しさに「if もしも」という仕掛けが加わった、強烈な力を持った作品だと思います。24年前、最初にテレビで観たときから「いつかこの作品の続きを描いてみたい」とずっと思っていました。

いままでも多くの人がリメークしたいと言っていた作品でしたが、原作に閉じ込められた少年少女の瑞々しさ、特にヒロイン・なずなの美しさは、どうやっても再現できないと言われていました。でもアニメであれば違う表現をもって、その壁を乗り超えることができる。

「if もしも」という設定にしても撮影条件に制限されずに、自在に操ることができる。さらに「ラブストーリー」としてのエンターテインメント性と「もしもの世界」を描くグラフィックアートを両立する表現でやりたい――。そう想いを巡らしていたときに、『魔法少女まどか☆マギカ』というエンタメでありながらアートともいえる凄まじいテレビアニメを手掛けた、新房昭之監督とお会いする機会があり、ずっとやり残していた宿題のようにこの作品の存在を思い出し、企画として提案したら、面白がってくれたんです。

それで、原作者の岩井俊二監督と、ドラマ「モテキ」の第2話でカット割りを完全コピーするほどこの原作の大ファンである大根仁監督にお声掛けし、制作チームを結成。僕が尊敬する映画監督3人を揃えて、長編アニメをつくったら面白そうというのがすべてのはじまりでした。

同時に、原作の持つ力がいまこそハマる時代になってきたという感覚もありました。なぜなら、僕たちはスマホの中で写真を撮ったり消したりと、無限に「if もしも」を繰り返すことができるのに、実人生は不可逆。スマホと現実がものすごく乖離している現状に対して、面白さを感じていました。もしも、その感覚をみんなが持っているとすれば、実際にはありえない実人生における「if もしも」を叶えたこの作品は、潜在的に多くの人の心を揺さぶるものになるのではと考えたのです。

■日常の違和感を逃さずロジックに置き換える

アニメ化に際し、冒頭3分の1以降はすべてオリジナルストーリーを製作し、展開。その中に、不思議な光を放つ「玉」を投げれば、「もしも」の世界をやり直すことができるという新たな設定を追加。これは、原作の舞台である千葉県・飯岡町(現・旭市飯岡地区)の現状に照らし合わせたものだ。

時を経て飯岡の何が変わったかというと、東日本大震災で被災していることです。津波に見舞われ、原作で主人公の家として使われた「しまだ釣具店」もなくなったし、港の形も変わってしまった。

だからこそ「if もしも」ということが起こる意味を、もう一度自分たち自身に問い直す必要がありました。

そうして僕が飯岡に降り立って感じたのが、あそこの海にはいろいろな人たちの想い、「if もしも」が沈んでいるのではないかということ。「もしも、地震が起こらなければ」「もしも、津波が来なければ」……そういった海に沈んだ想いが玉になって現世に流れ着く。その玉を拾った少年少女たちに「もしも」の世界を見せる。実はそれこそが、最初に新房さん、岩井さん、大根さんと話し合って決めた、今作の根底にあるアイデアです。

映画をつくるときも小説を描くときも、最初は、日常生活の中で感じた「違和感」からはじめます。その後に「自分がなぜそう感じたのか?」という根拠を見つけるために、取材し、ファクトを一つひとつ拾い集めていきます。

自分の思いつきを、ロジックに置き換えていく作業を繰り返す。感覚で捉えたピントがボケた映像のような“時代の気分”が、そうすることでクリアに浮かび上がってくる気がしています。

----------

川村元気
映画プロデューサー、小説家。1979年、横浜市生まれ。2005年、『電車男』を企画。以来、『告白』『悪人』『モテキ』など続々とヒット作を手掛ける。『君の名は。』では興行収入250億円、邦画の歴代興行収入ランキング2位を記録。作家としても、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』など著書多数。

----------

----------

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』
2017年8月18日(金)全国東宝系ロードショー
●広瀬すず/菅田将暉/宮野真守/ 松たか子
原作:岩井俊二、脚本:大根 仁、総監督:新房昭之、監督:武内宣之、キャラクターデザイン:渡辺明夫、音楽:神前 暁、主題歌:「打上花火」DAOKO×米津玄師(TOY'S FACTORY)、アニメーション制作:シャフト、配給:東宝、(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

----------

(映画プロデューサー、小説家 川村 元気 構成=霜田明寛 撮影=小野田陽一)