韓国軍が訓練で東部沿岸から日本海に向けて弾道ミサイル「玄武2」を発射した様子。韓国軍提供(2017年9月4日撮影・提供)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領は4日、電話会談を行い、韓国が保有しているミサイルの弾頭重量の制限を解除することで合意した。韓国の青瓦台(Blue House、大統領府)が発表した。新たな核実験に踏み切った北朝鮮への「効果的な対抗措置」としている。

 米国との2001年の取り決めにより、韓国はこれまで弾道ミサイルの弾頭重量の上限が500キロとされていた。

 北朝鮮は3日、通算6回目で過去最大規模の核実験を強行。同国は長距離ミサイル向けの水爆の実験に成功したと主張している。

 北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐる米朝の対立がエスカレートするなか、韓国では北朝鮮からの防衛のため独自に核兵器を製造すべきだとの声も高まっている。
【翻訳編集】AFPBB News