マンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドは、この夏に一旦退団したあと再加入した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチをチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージの登録メンバーに含めた。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 イブラヒモビッチは昨シーズン終盤の4月に膝を負傷して長期離脱を強いられ、6月末の契約満了をもってユナイテッドを退団。だが先月24日には、改めて来年6月までの1年契約を交わしたことが発表された。

 負傷からの復帰は、当初の見込み通り年明け以降となることが見込まれている。ジョゼ・モウリーニョ監督も、CLグループステージでの復帰は望み薄であり、出場が可能になるのは1月以降だという見通しを示していた。

 いずれにしてもイブラヒモビッチをグループステージの登録メンバーに含める可能性があることを指揮官は示唆していたが、実際にメンバー入りを果たすことになった。現時点ではグループステージの試合に出場はできないことが見込まれるが、奇跡的に回復が早まることなどがあれば出場可能となる。

 ユナイテッドはCLグループステージでスイスのバーゼル、ロシアのCSKAモスクワ、ポルトガルのベンフィカと対戦。9月12日から12月5日にかけて6試合を戦う。

text by 編集部