360°カメラが4K対応に!まるっと音声まで撮れますよ

写真拡大 (全4枚)

最近のカメラは全天球=360°の記録が可能になり、構図を切り取るのではなく、自分を取り巻く空間そのものを写真や映像に残せるようになりました。これにより、撮影された空間を追体験したり、遠く離れた家族や友人などが、まるで一緒にその場所にいるかのような体験の共有を可能にしてくれるというものです。

つまり、360°撮影とは「そこに在った」という感覚そのものを保存する方法なんですね。そんな360°カメラが4K対応に進化を遂げました!

「RICOH THETA (リコー・シータ)」シリーズの最上位機種として、高画質な4K解像度の360°動画撮影や、臨場感溢れる空間音声記録、高速転送等に対応した「RICOH THETA V」が発売されました。

「RICOH THETA」は、2013年に世界初のワンショットで360°撮影ができるカメラとして発売。以来、全天球イメージという、これまでの映像表現の常識を超える新たな可能性を秘めたツールとして、さまざまな映像分野で利用されてきました。

また、VR(バーチャルリアリティ)市場の急成長や360°映像対応SNSの拡大、ビジネス市場での360°映像のニーズ増加などを受け、THETAに代表される全天球映像の需要は、今後ますます拡大するものと想定されています。

今回発売された「RICOH THETA V」は、4K解像度に相当する高画質な360°動画撮影や 360°空間音声記録に対応した高音質録音、大容量データを快適に閲覧できる高速転送を実現。撮影した360°全天球イメージは、FacebookやLINEに直接投稿したり、専用ウェブサイトにアップして、Twitter、Instagram、TumblrなどのSNSで共有できます。さらにYouTubeの「360°チャンネル」やGoogleマップにも投稿が可能です。

その他にも
・最大1/25000秒の超高速シャッタースピードでの撮影が可能
・高感度 ISO3200(マニュアルモード時)の高感度撮影に対応
・本体内の加速度センサーと新搭載したジャイロセンサーの連携により、天頂補正処理の精度を向上
・別売りの水中ハウジングケースを利用すれば、水深30mまでの360°水中撮影可能

と機能は充実。撮影の未来が広がりそうな可能性を秘めている、すごいカメラであることは間違いないですね! 発売は9月下旬。オープン価格です。

>> RICOH「RICOH THETA V」

 

(文/&GP編集部)